ソフロロジー式分娩法について知ろう!出産方法もいろいろあるよ
66views

ソフロロジー式分娩法について知ろう!出産方法もいろいろあるよ

"ソフロロジー式分娩法はヨーロッパを始め日本でも広く導入されている出産方法です。 出産方法というとラマーズ法の呼吸法があまりにも有名なのであまりご存知ない方もいるかもしれません。 それではソフロロジー式分娩法の特徴とは?メリットは?"

どのような方法で産みたいか、妊婦さんが積極的に考える時代になってきています。

反面、産む場所も減ってきているので希望どおり選べるかは別問題ではありますが…。しかしながら、出産方法の選択肢にはどのようなものがあるのかは知っておくのは良いでしょう。

今回はその中のひとつソフロロジー式分娩法について紹介します。

ソフロロジー式分娩法について

前向きなイメージ

ラマーズ法、リーブ法、フリースタイル分娩、無痛分娩などさまざまな方法がありますが、ソフロロジー式とは「前向きなイメージトレーニングをベースに呼吸法で痛みをコントロールする」分娩法です。

1972年のフランスで始まり、日本へは1987年に導入されました。特徴的なのは、誰もが怖いと思っている「陣痛」の考え方です。

ラマーズ法と違う呼吸法

陣痛は赤ちゃんにである前の大切な過程であり、恐怖感ではなく期待感でその痛みを乗り越えることこそが出産のエネルギーになるというものです。そのような考え方から、無痛ではありませんが「超痛分娩」とも呼ばれています。

ラマーズ法では、「ヒッヒッフー」という有名な呼吸法があります。ソフロロジー式の呼吸法は、長くふーっと「吐く」ことに集中すればよく、お腹の赤ちゃんに酸素を送ろうというイメージを持つのです。

自然で難しいものではないので、この呼吸法のおかげでスムーズに出産を進めていくことができます。

ラマーズ法と違う呼吸法

イメージトレーニングが効果を発揮

妊娠中から、母親学級などでソフロロジーを学び、CDを活用して心地よい音楽と共にイメージトレーニングやエクササイズを重ねていきます。ヨガや禅のリラックス方法がベースにあるので難しいものではありません。

そして、練習したイメージトレーニングを本番の出産で実践するわけですが、これがお母さんの自信となって支えてくれます。さらにソフロロジー式のイメージトレーニングの面白い所は、出産がゴールではないということです。

その後の育児につながる母性を育むことを大切にしています。母性を引き出しながら産む力を育むトレーニングなのです。

イメージトレーニングが効果を発揮

赤ちゃんとタイミングが合う

ソフロロジー式で注目すべきことをもうひとつ。それは、出産時に体がリラックスしているので会陰部が裂けることが少ないという点です。

落ち着いて出産したいと頭では考えていても、実際は想像以上の痛みで力んでしまい、パニックのようになって叫んだりして騒がしくしてしまうこともあります。

しかし、体がリラックスしている状態で出産に挑めば、余計な力が入らないので股や産道の伸長が違います。ソフロロジー式でゆっくり焦らず呼吸を続けていくと、赤ちゃんにも負担がかからないのでお母さんと赤ちゃんのタイミングが合ってくるのでしょうね。会陰裂傷や事前の会陰の処置には縫合が必要です。もし、ソフロロジーで会陰部が裂けない出産が出来た場合は、産後の肥立ちが違ってきます。

100%思い通りにならないのが出産

100%思い通りにならないのが出産

あなたが産む場所に選んだところが推奨する方法もあるでしょう。希望通りというわけにはなかなかいかないかもしれません。また、妊婦さんの状況やお腹の中の赤ちゃんの状況は人それぞれ違います。

そのため、必ずしも自分の思い通りになることはないというくらいの考え方で出産と向き合うことも大切です。理想に自分をがんじがらめにしないことです。その後の育児に少しでも良い影響が残せるように、納得のいく出産方法に出会いたいものですね!

PR