出産の痛みが怖い!妊娠中の食事や生活も効果的?痛くない出産方法とは?
38views

出産の痛みが怖い!妊娠中の食事や生活も効果的?痛くない出産方法とは?

出産の痛みに不安がある妊婦さんにとって痛くない出産方法や痛みを軽減させるためにできることなどの情報はとても大切です。痛みの原因は赤ちゃんの大きさや体の冷えにもあります。また、最近では痛みが少なく安全生の高い無痛分娩ができる病院も増えています。出産方法も産院選びのポイントとして押さえておきましょう。

痛くない出産方法ってあるの?

痛くない出産方法ってあるの?

出産の痛みについては「気絶するほどの痛み」「鼻からスイカを出すよう」などと言われ、出産を経験していない人を不安にさせる情報が多くあります。このような出産時の痛みは誰でも同じくらい痛むのでしょうか?また、その痛みを軽減する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

出産の痛みは人それぞれ

出産の痛みは人それぞれ

多くの人が痛いと話す出産時の痛みですが、実は人によって痛みの程度はそれぞれだと言われています。これは痛みの感じ方が人それぞれであること、また、子供大きさや産道の柔らかさ、伸縮性などの物理的な問題で痛みが少ないケースがあると言われています。

痛みが軽い人の中にはまるで、毎日の排便のような感覚だった、という人もいるくらいです。このように、信じられないほど安産で痛みの少ない人もいるようです。

赤ちゃんが大きいほとど痛みも大きくなる

痛がりや怖がりを出産前に改善することは、催眠術でもかけてもらわない限り難しいかもしれませんが、できるだけ出産に痛みがともわないようにする方法として、妊娠中の食事や生活習慣が有効と言われています。

例えば、お腹の中であまり赤ちゃんを大きくしすぎると、出産時の負担は強くなり、また、出産時に赤ちゃんへのリスクも大きくなると言われています。そのため、赤ちゃんをお腹の中で大きくしないことが大切です。

赤ちゃんが大きいほとど痛みも大きくなる

もちろん、あまりに小さい赤ちゃんでは出産後の健康リスクに問題があるため、小さすぎることも問題です。理想は2800~3000グラムです。最近では3500グラムを上回る赤ちゃんも少なくありませんが、赤ちゃんの体重が3000グラムから100グラム大きくなるごとに、負担や痛みは1割ずつ増加すると思っても良いでしょう。

赤ちゃんが大きくなるのは食事のせい?

赤ちゃんが大きくなるのは食事のせい?

赤ちゃんがお腹の中で大きくなる原因として、栄養状態がよくなった点があげられますが、一方でカロリーがある割に栄養価が低いことが赤ちゃんを大きく原因であると主張する人もいます。

例えば、肉や野菜、卵などをたくさん食べた場合と白米は白い小麦粉、砂糖などの精製された炭水化物を多く摂取した場合では、後者の方がより赤ちゃんが大きくなることが知られています。

また、妊娠中にこのような食事が続いた場合、赤ちゃんの肥満リスクが上がることも指摘されています。

冷えた体は硬く、出産の痛みの原因になる

冷えた体は硬く、出産の痛みの原因になる

さらに、産道の硬さも出産の痛みを強くする原因になります。最近では出産時に会陰切開となる妊婦さんが増えていますが、会陰は比較的痛みに鈍感と言われる部位ですが、切開されればそれなりに痛み、回復までかなり不快な感覚が続きます。

産道の硬さや会陰切開を防ぐためにオイルマッサージや半身浴、散歩などで血行をよくして体を温めることが有効であると言われています。冷たさや寒さを感じていなくとも、妊娠中は腹部を中心に血行が悪くなりがちなので、積極的に温めることをおすすめします。

無痛分娩で出産するという方法も

妊娠中の努力以外にも出産方法として無痛分娩を選択することで、出産時の痛みを軽減する方法があります。その方法としてもっとも大いのは下半身に局所麻酔を行うことです。

自然分娩に比べて費用が高くなったり、分娩時間がかかるというデメリットがありますが、痛みが少なく、安全に出産できるというメリットがあり、先進国で無痛分娩を選択する女性が増えています。

日本ではあまり知られていませんが、無痛分娩に対応する産院や病院は増えています。出産時の痛みに不安があるという場合には、近いというだけでなく、多様な出産方法が選択できるか、という点から産院を選ぶポイントになります。

PR