立ち合い出産後セックスレスについて原因と対策について
95views

立ち合い出産後セックスレスについて原因と対策について

立ち合い出産の大きな問題やデメリットとして、立ち合い出産後のセックスレスがあります。立ち合い出産後セックスレスになると夫婦の溝を深まったり家族計画にも支障が出ますので、あらかじめ知っておくことで対策をすることができます。

立ち合い出産後のセックスレスはなぜ起こる?多くの夫婦が抱えている問題について

立ち合い出産後のセックスレスはなぜ起こる?

立ち合い出産は、夫婦のきずなを深めたり二人で赤ちゃんを迎えることができたり父性を育むうえでも有効だとされています。

ですが、メリットばかりでなくデメリットもあります。デメリットの中で最も深刻なのがセックスレスです

立ち合い出産の壮絶な現場や血を見ることで、産後妻とセックスに踏み切れない男性が数多くいます。日本は先進国の中でもセックスの少ない国です。

ですので欧米のように立ち合い出産が主流であっても、文化の違いなどから受け入れられない男性は数多くいます。ですので、事前に確認しておくことが必要です。

立ち合い出産後セックスレスの可能性がある人は、立ち合い出産をしなくてもいい

立ち合い出産後セックスレスの可能性がある人は、立ち合い出産をしなくてもいい

セックスにおいてムードを大切にしていたり、センシティブな考えを持つ人は立ち合い出産には向いていません。そして、乗り気でない夫を無理矢理立ち合い出産させた場合に、セックスレスは良く発生します。

ですので、出産は女性にとって大変なことではありますが、無理に立ち合い出産をさせることは、今後のためにも避けたほうが良いです。出産には助産師さんや看護師さんもついてくれますので夫がいなくても大丈夫です。

立ち合い出産後のセックスレスはセンシティブかつ深刻な問題ですから相手に無理強いだけは避けましょう。

立ち合い出産後の夫の変化、どのような心境?

立ち合い出産後の夫の変化、どのような心境?

立ち合い出産に少しでも恐怖心があるのでしたら、立ち合い出産を相手に求めないほうが良いです。

血液が見えなければいいだろう、頭の側から立ち合いをしてもらえば大丈夫と考える人もいますが、痛みで叫ぶ妻を怪獣にしか見えないということもありますし、羊水や胎盤の匂いで気分が悪くなることもあります。

さらに、出産後妻は慣れない子育てに疲れてしまっている妻を見て、女性と感じられないことが産後のセックスレスの原因にもなります。

セックスレスを解消するには、普段のスキンシップから

couple-1363959_640 恋人 カップル デート

産後、1か月検診をへるとセックスが解禁されます。

ですが、ほとんどの場合育児などで疲れていたり、痛みへの恐怖などでなかなか積極的になれません。特に寝室を別にしてしまうと、なかなかきっかけもなく踏み切れません。焦る必要はありませんがまず、女性として妻としても見てもらえるように振る舞いましょう。

たとえば、普段からスキンケアなどを意識する。子育ての合間に休息をしっかりとってイライラしないなどということです。時には子供を預けて二人きりで食事に行くことも良いでしょう。まずは手をつなぐことから始めてみましょう。決して焦ることはありません。

産後のセックスレスを解消して夫婦円満に

産後のセックスレスを解消して夫婦円満に

出産後のセックスについては、家族計画のように考えがちですが、まずはスキンシップをしたいという気持ちを大事にしましょう。

最後までできなくてもトライするという気持ちで行うことです。普段の生活からお互いを思いやること、子育てが大変だからといって夫をないがしろにしないことが大切です。

そして、夫婦の話し合いの時間を確保できるように努めましょう。子育てに忙しいからといって問題を先送りにせず、深刻に悩んでいるならばカウンセラーの力を借りることも有効です。

PR