自分らしくフリースタイル出産で!どんなふうに産まれてくるか楽しみ!
51views

自分らしくフリースタイル出産で!どんなふうに産まれてくるか楽しみ!

自分の納得のいく出産を選びたい女性が増えています。 フリースタイル出産もその選択肢のひとつです。 分娩台での仰向けの出産だけが産むことではありません。 でも、フリースタイル出産にするときに心配なことってどんなことなのでしょう。

出産の姿勢は選べる?

初産の人には少し想像しにくいかもしれませんが、「フリースタイル出産」を選択する女性がいます。

フリースタイル出産はどこの施設でも出来るわけではなく、分娩台で仰向けで足を開くあのスタイルが一般的です。

しかし、産むことそのものを自分らしく楽しみたい、どんなふうに産まれてくるのが楽しみというお母さんにとっては、医学的な条件があえさえすればフリースタイル出産は、リラックスして望めるものです。

出産の姿勢は選べる?

フリースタイル出産とはなにか?

仰向けで分娩台で足を固定されるイメージがありますが、その昔は違ったはずですし、陣痛の痛みを軽減して、いきみやすい、そして会陰にも負担がかかりにくい自由なスタイルが「フリースタイル出産」で、分娩台での決まった仰向けではなく、リラックスできて産みやすい姿勢で行うお産のことです。

畳やベッド、布団といったリラックスできる日常に近い環境でも出産することができるので、分娩台に抵抗のある初産の方でもフリースタイル出産を選ぶ方もいます。

妊婦さんが好む姿勢はこんな感じ

妊婦さんが最も好む姿勢は横向きで、リラックスできる楽な姿勢なのだそう。

四つん這いは、お腹がぶら下がるので腰の陣痛が強い妊婦さんが楽な姿勢で、胸の下にクッションを置いておしりをつきあげるような姿勢の場合もあります。

わたしは映画で見たことがあるのですが立位というのもあって、支えてもらいながら、胎児の重力を利用して産む方法です。大好きなご主人に支えてもらうこともできますが、疲労は大きいスタイルではあります。

他にもトイレのようにしゃがんで産むスタイルなど妊婦の数だけ出産スタイルはさまざまです。またプールやお風呂で出産できる設備を有するところもあります。

どれもママが分娩しやすい姿勢をとることで、リラックスできて、スムーズに赤ちゃんの出産が進むことを目指します。

妊婦さんが好む姿勢はこんな感じ

出産は何が起こるかわからないもの

分娩の経過によっては、途中でフリースタイル出産ができなくなることもあると心しておかなくてはなりません。

「こんなはずではなかったではなく」、「出産は何が起こるか予想できないもの」だと考えておきましょう。通常の分娩台での出産や帝王切開になることもありますし、病院以外の出産の場合には、急ぎ救急車で搬送されることもあり得ます。医学的に介入が必要となることもあるのです。

出産は何が起こるかわからないもの

スリースタイル出産の条件

出産する施設によっても違ってきますが、いくつかフリースタイル出産には条件があります。

それは、母子ともにより安全を期さなくてはならない場合です。例えば、帝王切開により1人目を出産している場合やこれまで出産で異常があった、母体の体格や持病、赤ちゃんの体重、また初産の年齢なども関係してきます。

あくまでも一部なので、それぞれの出産施設で確認してみましょう。

あなたやご主人の性格は向いているか?

あなたやご主人の性格は向いているか?

フリースタイル出産を選ぶと、ご主人やその他のご家族の役割が全然変わってきます。

出産イコール応援する、手を握る、というイメージをとても強く男性は持っています。このため、フリースタイル出産をしたい場合にはよく二人で話し合いましょう。父親も一緒に頑張るという一体感がうまれて、生まれてくる赤ちゃんとの絆を実感しやすい反面、逆に思うように活躍できなかったとか、もっとこうしてほしかったのにという夫婦間の後悔のタネになってしまっては悲しいです。

ですから、自分やご主人の性格をよく考えてから決めることをおすすめします。通常の出産スタイルでもフリースタイル出産でも、100点満点の出産なんてありえません。その中で自分の納得いく出産スタイルに出会えるといいですね。

PR