妊娠期間ならいつでも可能性がある!高位破水とはどんなもの?
79views

妊娠期間ならいつでも可能性がある!高位破水とはどんなもの?

高位破水とは一般的な破水に比べて破水する位置が子宮口から遠いところで起こる破水です。特徴としては通常の破水よりも量が少ないことがあります。基本的に赤ちゃんの命に影響はありませんが、対処が遅れたり適切でないと流産や感染症などのリスクが高くなるので注意が必要です。

高位破水とは?

高位破水とは?

高位破水とは子宮の高い位置で起こる破水のことです。

通常破水は子宮口の近くで起こるものです。これを完全破水を言います。高位破水はこの完全破水に比べて破水する羊水の量が少ないことが特徴です。

破水は一般的に出産直前に起こるものですが、腹部への圧迫や感染症などによって出産予定よりも早い段階で起こることもあります。

このような適切な時期以外の高位破水の場合、早期に対処しないと流産や死産の可能性があるので注意が必要です。

高位破水の危険性

高位破水の危険性

Ecografía / Daquella manera https://www.flickr.com/photos/daquellamanera/4536623895/

高位破水が危険なところは一般的な破水に比べて破水量が少なく、破水に気がつきにくいことです。

また、破水は通常臭いがあまりしないという特徴もあります。そのため、尿もれと勘違いすることもあります。高位破水では破水を気がつかずに放置することがもっとも危険です。様子を見ている時間が長いほど、対応が遅れるということにつながるからです。

羊水は赤ちゃんを守る大切な液体です。

この液体が減ると赤ちゃんは栄養も酸素も取り込むことができずにお腹の中で亡くなってしまう危険があります。そのため、多くの羊水が失われる前に処置することが何よりも大切です。

高位破水が赤ちゃんに与える影響

高位破水が赤ちゃんに与える影響

高位破水は適切に処置することができれば、すぐに赤ちゃんの生命を脅かすというものではありません。

ただ、赤ちゃんを守る卵膜が破れているために赤ちゃんがあらゆる菌やウイルスに感染しやすい状態になります。そのため、高位破水をした場合は病院で適切な処置をうけ、感染リスクを減らすことが重要になります。

高位破水をした時期が出産間近で赤ちゃんが出産できるまで成長している場合にはそのまま出産することもありますが、赤ちゃんの成長が十分でない場合には感染症予防のために入院などの処置をとられます。

高位破水を防ぐには?

高位破水を防ぐには?

Maternity / Jonathan Leung / artofstance.com https://www.flickr.com/photos/jonnymooshoo/8924170103/

高位破水を防ぐためには、健康的な生活、適度な運動、適切な食事がもっとも大切です。

ただし、腹部を圧迫する運動や腹部に違和感を感じているのに動き続けるなどは高位破水をリスクが高くなることです。自身の体調や赤ちゃんの位置などによっては腹部の違和感が出るタイミングが強さが変わることもあります。

そのため、いつもと違うと感じた場合には人の意見よりも自分の感覚を大切にしましょう。

小水か高位破水なのか判断がつかないとき

小水か高位破水なのか判断がつかないとき

ann 4 / springleaves https://www.flickr.com/photos/39757686@N06/5176002209/

高位破水なのか、尿漏れなのか、判断が難しいというときはお尻の穴に力を入れてみましょう。もしも高位破水以外ならば、お尻の穴を締めることで効果があります。しかし、お尻の穴を締めるようにしても液体が出てくる場合には破水である可能性が非常に高くなります。歩くと破水量が増える危険性があるので、破水である可能性があると判断できた場合にはタクシーなどを利用してできるだけ歩かずに病院に行くようにします。

危険な高位破水の特徴

cynthea

cynthea / teresawer https://www.flickr.com/photos/teresawer/2176904097/

高位破水は適切な処置ができれば、基本的にそれほど危険ではありません。

しかし、破水の他に腹痛を伴う場合には注意が必要です。この場合は無理して自力で病院に行かず、救急車を呼ぶ必要がある可能性があります。

ただし、救急車よりも車やタクシーで移動した方が早いという場合には迷わず、早い方法での移動を選びましょう。

PR