「鉗子分娩」ってなに?吸引分娩とは違うの?どういった時に行う分娩方法なの?

産道を赤ちゃんがなかなか下がってこない場合、赤ちゃんを引っ張る分娩方法があります。その一つが「鉗子分娩」です。どういう時に行われるのか?また、「吸引分娩」とは違うのか?出産に向け、少し勉強しておきましょう!

鉗子分娩とは? ~鉗子分娩と、吸引分娩~

赤ちゃんがなかなか下がってこない場合、鉗子分娩を行います。

鉗子分娩と吸引分娩とはどのような分娩方法か

赤ちゃんの頭部をはさんで引っ張りだす分娩方法です。

ママのいきみだけで赤ちゃんが出てくるのが理想的ではありますが、何が起こるかわからないのが出産。赤ちゃんと母体の生命を第一に考え、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開が行われる場合もあります。

鉗子分娩とは、子宮口が全開(10センチ)でも、赤ちゃんが下りてこない場合などに、鉗子で赤ちゃんの頭部をはさみ、引っ張り出すという分娩方法です。
鉗子とは、手術道具の一つで、金属のヘラを組み合わせたような道具です。

赤ちゃんが下りてこない場合の処置の一つに、「吸引分娩」というものもあります。
吸引分娩とは、金属やシリコン製カップを赤ちゃんの頭に吸着させて、引っ張り出す分娩方法です。

最近は、鉗子を使える先生が減ってきた事もあり、吸引分娩のほうが主流にはなってきています。

索引力は、吸引分娩よりも鉗子分娩のほうが強くなっています。
そのため、吸引分娩でも赤ちゃんが下りてこなかった場合、鉗子分娩を行います。または、鉗子分娩を行わず、帝王切開になる場合もあります。
吸引分娩→ダメな場合は、鉗子分娩→ダメな場合は帝王切開

鉗子分娩は、どのような時に行われるのでしょうか?くわしくみていきましょう。

鉗子分娩は、どのような時に行うの?

赤ちゃんが下がってこれない場合、鉗子分娩を行います。

鉗子分娩はどのような時に行うのか

赤ちゃん・母体を考えての処置です。

いくつかの条件があり、該当する際に、鉗子分娩が行われます。

・子宮口が全開(10センチ)しているのに、赤ちゃんが下がってこない場合
・赤ちゃんが何らかのトラブルにより、回旋できず、下がってこれない場合
(赤ちゃんは少しずつ向きをかえ、回旋しながら下がってきます)
・母体の疲労が激しい場合
・母体に合併症(心疾患・妊娠高血圧症候群)があり、あまりいきませる事が出来ない場合
・微弱陣痛の場合
・赤ちゃんの心音が急激に低下した場合

鉗子分娩の方法

鉗子で赤ちゃんを引っ張ります。

鉗子分娩を行う方法

ママもしっかりいきむことがポイントです。

鉗子を入れるため、産道を広げる必要があります。
局部麻酔を行い、会陰切開を行います。
そして、鉗子を挿入していきます。
陣痛にあわせて、ママもしっかりいきみます。そのいきみにあわせ、先生が鉗子で赤ちゃんを引っ張り出します。ママがしっかりいきむことがポイントです。

鉗子分娩の影響

《母体への影響》
鉗子を動かすため、産道を傷つける事があります。そのため、母体には会陰裂傷、出血が起こることがあります。また、会陰切開の治りが遅くなる場合、痛みが強くでる場合もあります。

《赤ちゃんへの影響》
鉗子を扱うため、顔や頭に傷ができる場合があります。

また、なかなか下がってこなかった事に対する影響で、頭血腫などが起こる可能性もあります。

出産へ向けて

ママも赤ちゃんも命がけの作業が、出産です。
簡単な事ではありません。

そして先生は、ママと赤ちゃんの命を第一に、処置を考えていきます。

いきんですぐに生まれてくるケースばかりではありません。
いろいろなケースがあることを、頭にいれておきましょう。

そして、出産当日の事に不安になりすぎず、体調に気を付けて、赤ちゃんとの対面を心待ちにしましょう!

PR