母子手帳に書いてある?10点満点で新生児に点数が付くアプガースコア
251views

母子手帳に書いてある?10点満点で新生児に点数が付くアプガースコア

新生児に点数がついていることをご存知ですか。アプガースコアといい、出生時の新生児の健康状態を5項目10点満点で評価するものです。この点数にはどんな意味があるのか、点数の見方や点数が低い場合のリスクなどをお伝えします。

あなたの母子手帳にアプガースコアってある?

母子手帳にアプガースコアは書いてありますか?

出産にまつわるアプガースコアという点数をご存知ですか。

母子手帳の「出産の状態」というページを見てください。母子手帳の様式は自治体によって異なりますが、このページに「アプガースコア」という欄があったり、アプガースコアの欄がない場合は、手書きで「アプガースコア ●点」とか「AP ●点」と書き込まれていたりします。

中には「出産の状態」ページを見てもスコアの記入がなく、わからない人もいると思います。アプガースコアを記入することは義務ではありません。かつてはアプガースコアは必ず書かれていましたが、最近はアプガースコアの欄のない母子手帳を発行している自治体が増えていますし、あえて記入しない病院や産院も増えています。

アプガースコアとは

アプガースコアとは、出生時の新生児の健康状態を表した数値

アプガースコアとは、出生時の新生児の健康状態を表した数値で、満点は10点です。昔は、アプガールとも言っていました。アメリカのアプガーさんという女性医師が1952年に考案したものです。

次の5つの項目を0点から2点で評価します。

1.皮膚の色
2.心拍数
3.刺激による反射
4.筋緊張
5.呼吸数ちなみにこの5項目は英語で表記するとアプガー医師の名前のスペルになります。

アプガースコアの重要性

アプガースコアは出生後1分、5分後の評価をします。3点以下が重症仮死、4点から6点が軽症仮死、7点以上が正常です。

50年前につくられたスコアですが、現在でも新生児の死亡率や、脳性麻痺などの後遺障害との関連性が見られ、多くの国で採用されています。

アプガースコアが3点未満の場合、新生児期の死亡率や、脳性麻痺の発症率が上がります。

気になる?アプガースコア

アプガースコアが10点じゃなくても心配は要りません

新生児に点数がつくというと両親は過剰に心配しがちです。しかし、数字に振り回される必要はありません。

まず、アプガースコアが10点じゃなくても心配は要りません。アプガースコアで10点満点が取れる新生児はごくわずかで、元気な赤ちゃんでもたいていは8点か9点です。

また、1分後のアプガースコアが低くても、蘇生により5分後のアプガースコアが上がっていればほとんど心配はありません。特に、早産の場合はほとんどの子が7点を切るものです。ほとんどの赤ちゃんはその後すくすくと成長します。

母子手帳にアプガースコアがないんだけど?

アプガースコアはあくまでも新生児の健康状態を表す数値で、今日では母子手帳に書いていないことの方が多いようです。点数が書いてあると親はどうしても何が悪かったのかと心配になってしまいます。

皮膚の色や筋肉の緊張など、医師や助産師の主観でつく点数もあるので、新生児の評価として客観的ではないのではないかという批判もあります。医師や助産師によって大きくぶれることは少ないのですが、やはり観察する人によって1点や2点の誤差があります。

また、個人情報の保護と言う観点で、記入しない病院や産院が増えています。幼稚園の考査などでアプガースコアが見られてしまい、点数が低いとその後不利益になりうるという噂もあります。

母子手帳に書いていないけれど気になる場合は、院内で使用するカルテには書いてありますので、問い合わせると教えてもらえるでしょう。

PR