予定日が過ぎるとあせる!陣痛がこないけど赤ちゃんは大丈夫なの?
112views

予定日が過ぎるとあせる!陣痛がこないけど赤ちゃんは大丈夫なの?

予定日が過ぎるとお腹の赤ちゃんになにか影響がないのか心配になりますよね。そんなことを考えて不安になると来るはずの陣痛も来なくなりますし、周囲の焦りも伝わってきてよけいにあせります。しかし、予定日から2週間以上も過ぎると赤ちゃんに心配なことも出てくるのは事実、ぜひ知っておきましょう。

予定日が過ぎたら

出産予定日というのは近づくとどきどきするのだけれど、予定日が過ぎると今度は「あせり」に変わるので不思議なものです。

周囲の気遣う優しい目線やら、自分の母親からのストレートな「まだ?」のプレッシャーは相当のストレスに感じます。でも、そうは言っても予定日が過ぎるとなると、お腹の赤ちゃんやお母さんの体にどんな影響があるのでしょうか?

あらかじめ知っておきたい予定日が過ぎたらどうなるかを紹介します。

予定日が過ぎるとなると、お腹の赤ちゃんやお母さんの体にどんな影響が?

Megan-30web / tommo4074 https://www.flickr.com/photos/justyouphotography/4144757105/

出産予定「週」と考えましょう

そもそも出産予定日とは、一番最後の生理が「始まった日」から数えます。40週の280日目が出産予定日です。

予定「日」というと誤解されやすいので、その出産予定日をはさんで前3週間と後ろ2週間以内は出産予定週ということになり正期のお産だと理解しましょう。

そもそも、一番最後の生理開始日を医師に正確に申告しましたか?あいまいだったという人もなかにはいらっしゃることでしょう。

また、この280日というのは生理周期が28日の場合が元になっているので、生理周期が28日前後ではないまたは不順だとずれます。

最近では、超音波で赤ちゃんの大きさを測定して最終的な予定日を教えてくれることが多くなりました。

妊娠42週を過ぎると過期妊娠

でも予定日を過ぎたからといって心配しすぎる必要はありません。メンタルなことで来るはずの陣痛も来なくなったりします。

しかし、予定日を過ぎるとどーんと構えてという気持ちは持ちにくく、焦りがでてきてしまいます。周囲もそうです。

予定日を過ぎて自然にお産となればいいのですが、予定日から2週間以上も過ぎてしまうと心配なことも出てくるのも事実です。

妊娠42週を過ぎても出産の兆しがないことを過期妊娠と言い、最終月経開始日ベースの予定日では約1割がこの過期妊娠になります。

予定日を過ぎると健診の回数も増えますが、それはなぜなのでしょう。

妊娠42週を過ぎても出産の兆しがないことを過期妊娠と言います

Quarantesima / Zygia https://www.flickr.com/photos/zygia/14386291868/

過期妊娠が赤ちゃんに与える影響

妊娠42週を過ぎてもお産の兆候がなくが始まらない状態でみなさん想像がつくのが、赤ちゃんが育ちすぎて大きくなり難産になるということでしょうか?

特に糖尿病の人は赤ちゃんが巨大化しやすいので注意が必要です。

また他には、胎盤の機能低下があげられます。胎盤は老化現象が進むので、つながっている赤ちゃんにも影響があります。

子宮内発育遅延が合わせて起こってしまうと危険度が増しますし、胎児仮死になる可能性もありますので、帝王切開などで早くお産をします。

羊水量も減少するので、へその緒が圧迫を受けて赤ちゃんが危険になります。羊水が便で濁りやすく、胎便吸引症候群という呼吸不全になるリスクもあり危険です。

過期妊娠には様々なリスクも有ります

baby / Yuchao.L https://www.flickr.com/photos/yuchao_li/5936429556/

帝王切開の心の準備も必要

予定日を過ぎると健診が増えるのは、胎盤の機能チェックや赤ちゃんに異常が見られないか確認するためです。

このようにリスクが高くなる前に、41週に入ったら陣痛を誘発してお産になることが多いです。

またそのような場合は誘発しても、子宮口がなかなか開かない、陣痛が起きないことがよくあり、赤ちゃんの安全のために帝王切開に変更されるケースもあることを知っておきましょう。

このため出産予定日前後はいつでもお産になっていいように準備、根回し、帝王切開を想定していなかった場合は心の準備をしておきましょう。

待っているだけではない、陣痛は生み出す

いつ出産してもおかしくない時期になったら、医師の指示に基づいて体をよく動かして陣痛を「生み出す」ことです。

掃除など家事でよく体を動かし、ウォーキングなど軽い運動をしましょう。助産師さんなら陣痛を生み出す昔ながらの良い運動を教えてくれますよ。

ただ陣痛が来るのを待っていれば良いというわけではないこを知っておくのが大切です。そうすれば、予定日をすぎても自然とお産になることは多いです。

また、人によって胎盤や赤ちゃんの状態は違います。すぐ誘発と一概に決めつけないでもよい場合もありますので、医師とよく相談して納得のいくお産になるようにしたいですね。

PR