代理出産のメリットとは?大きな問題を抱える代理出産の大きなメリット
437views

代理出産のメリットとは?大きな問題を抱える代理出産の大きなメリット

代理出産のメリットとしてどのようなことが挙げられるのでしょうか?現在日本では代理出産の実施が原則的に禁止されており、批判的な意見も多数あります。しかし、様々なデメリットがあっても代理出産を望む夫婦が多いのはなぜでしょうか?

代理出産を望む夫婦が多い理由

日本では不妊に悩む夫婦が増加傾向にあります

現在、日本には不妊で悩む夫婦が数多く居ます。以前までは10組に1組が不妊と言われていましたが、現在では7組に1組が不妊に悩んでいます。このような不妊の原因は様々で、現代の生活環境や食生活が関係している場合もあります。また、結婚・妊娠自体の年齢が上がっていることも原因の1つです。現代では女性の社会進出によって高齢での妊娠・出産が珍しくない状態です。しかし、年齢と共に妊娠率は低下していくため、結果的に不妊に悩む人が増加してしまうのです。

不妊に悩む夫婦は増加傾向

このようなことから、多くの夫婦が専門医で不妊治療を受けています。しかし、不妊治療をすれば必ず妊娠できるのではありません。当然不妊治療は妊娠を目的として行われていますが、中には不妊治療を行っても妊娠できない夫婦もいます。不妊治療によって妊娠する確率は、40%から80%と言われています。80%という数値は決して低くはありませんが、不妊治療を行えば100%妊娠すると勘違いしてはいけません。

不妊に悩む夫婦にとって代理出産とは?

前述したように、不妊治療を受けても必ずしも妊娠できるとは限りません。このような夫婦が選ぶ手段の1つとして代理出産が挙げられます。代理出産とは、妊娠できない妻に代わって第三者の女性が妊娠出産し、その後夫婦が子供を引き取ることを指します。不妊治療をしても子供を授かることのできなかった夫婦や、病気によって子宮を全摘出した夫婦にとって、代理出産は自分たちの子供を授かるための最後の方法と言えます。

代理出産は自分たちの子供を授かるための最後の方法

第三者に我が子を妊娠・出産してもらうのには、大きな不安があります。無事に健康な子供を出産してくれるか、出産後にスムーズに子供を引き取ることができるかなど、人によって不安は様々です。しかし、代理出産をする代理母にはいくつか条件があります。例えば、過去に妊娠・出産の経験が1回以上あるか、お金目的ではなく代理出産を希望する夫婦を助けたいという気持ちがあるか、健康状態が良好で妊娠期間を楽しんで過ごせるかなどです。これらの条件があることによって、不安は少なからず軽減されるのではないでしょうか。

代理出産のメリット

血のつながりがある我が子を授かることができる

代理出産のメリット、それは妊娠することができない夫婦でも、血のつながりがある我が子を授かることができる点です。これは代理出産ならではのメリットと言えるでしょう。不妊の夫婦にとって、このメリットはとても大きな望みとなります。それほどまでに子供を授かりたいと願う夫婦であれば、代理出産によって産まれてきた我が子に対して、たくさんの愛情を持って育てることができるのではないかと思います。

また、不妊に悩む夫婦だけでなく、同性愛の夫婦でも我が子を授かることができる点も代理出産のメリットと言えます。同性愛の夫婦の場合は子供を授かることができませんが、代理出産であれば血のつながりがある子供を授かることができます。日本では代理出産が禁止されているため一般的ではありませんが、アメリカやインド、ベトナムなど代理出産が認められている国では、代理出産は決して珍しいことではありません。日本人がこれらの国で代理出産を依頼するケースも多くあります。

PR