日本では原則実施されていない代理母出産について
111views

日本では原則実施されていない代理母出産について

代理母出産は、子供が欲しいけれど授かることのできない夫婦にとって最後の望みとなる方法です。しかし、代理母出産は日本では原則禁止されています。代理母出産とは具体的にどのような方法なのか、なぜ日本で認められていないかについてまとめました。

第三者に出産してもらう、代理母出産

代理母出産とは?

代理母出産とは、妊娠することができない女性に代わって第三者の女性が妊娠・出産することを指します。一口に代理母出産と言ってもその方法は大きく2つに分けられます。

まず1つ目が人工授精型です。この方法は、代理母の子宮に夫の精子を注入し、人工授精によって受精卵を作り出産する方法です。人工授精型の代理母出産は、妻が卵子を作ることができない場合に選ばれる方法です。

2つ目が、体外受精型です。この方法では、夫婦の受精卵を代理母の子宮に移植し出産してもらいます。受精卵を作ることのできる夫婦の場合は体外受精型の代理母出産を選びます。

第三者に出産してもらう、代理母出産

代理母はお腹の中で赤ちゃんを育て、出産後に夫婦に赤ちゃんを返します。代理母出産の仕組みを簡単に説明しましたが、現実は決して簡単な問題ではありません。
代理母出産をするとなると様々なリスクが伴いますし、場合によっては事件に発展することもあるのです。

代理母出産という選択

不妊は大きな悩み

日本では、子供が欲しいのになかなか授かることができない夫婦が大変多いのが現状です。妊娠を望んで不妊治療を受けている夫婦も少なくありません。しかし、どれだけ不妊治療を受けても子供を授かることができない人も中にはいます。このような夫婦にとって、代理母出産は子供を授かるための最後の望みとも言える方法なのです。

子供を授かることを望む女性にとって、不妊は大きな悩みとなります。できることならば自分自身の体で妊娠・出産をしたいですが、現実的に不妊は簡単な問題ではありません。例えば子宮に何らかの異常があり妊娠することができない、病気によって子宮を摘出したことにより妊娠することができないなど、人によって理由は様々です。

それでも子供を授かりたいと願う夫婦にとって、代理母出産は大きな望みとなっているのです。

代理母出産は日本では原則禁止されている

日本における代理母出産について

妊娠することができない夫婦の望みとなっている代理母出産ですが、現時点では日本で代理母出産は原則として行われていません。ただし、長野県の諏訪マタニティークリニックでは代理母出産を行ったケースが報告されています。

なぜ日本で代理母出産が実施されていないにも関わらず、諏訪マタニティークリニックでは代理母出産を行えるのかと疑問に思う人も多いかも知れません。その理由は、諏訪マタニティークリニックが日本産婦人科学会に加盟していないためです。

日本産婦人科学会では代理母出産を認めていないため、これに加盟している産婦人科では代理母出産を行うことはできません。

出典:産経Web「記者会見する高田延彦さん、向井亜紀さん夫妻」

出典:産経Web「記者会見する高田延彦さん、向井亜紀さん夫妻」

代理母出産と聞いてまず名前が挙がるのがタレントの向井亜紀さんです。向井さんは2006年にアメリカで代理母出産を行ったことを公表しています。

向井亜紀さんは子宮頸がんによって子宮を全摘出したものの、卵子を作ることは可能な状態でした。そのため、体外受精型の方法で代理出産を行ったそうです。この公表は、不妊に悩む夫婦にとって代理母出産を前向きに考えるきっかけになったことは間違いないでしょう。

代理母出産はリスクを知ることが大切

日本以外の国では代理母出産が認められていることも珍しくはありません。とはいえ、代理母出産には様々なリスクがありますし、批判意見が多いのも事実です。

そのため、代理母出産を希望するのであればリスクを十分に考慮し、慎重に検討していくことがとても重要なポイントになります。

PR