難産を回避するために知っておきたい、陣痛促進剤の効果について
117views

難産を回避するために知っておきたい、陣痛促進剤の効果について

出産予定日を過ぎても陣痛が起きない人や、破水しているのに陣痛が起きない人は数日病院に入院し、難産に苦しんだ上やっと出産ということになりかねません。出産に長時間かかることは妊婦への負担がとても大きいものとなってしまいます。それを避けるために使われる陣痛促進剤の効果についてご紹介します。

女性の一生で大きなイベントとも言える『出産』ですが、できればなるべく苦しまずに元気な子供を産みたいものです。『陣痛促進剤』はこの出産の苦しみから母体を守ってくれます。

どんな時に陣痛促進剤を使用するのか

どんな時に陣痛促進剤を使用するのか

出産予定日を過ぎても自然に陣痛が起らない人が現代では増えています。昔の人は自然に陣痛がきて、それを合図に村や町の産婆さんがかけつけて出産に至ったわけですが、現代人は運動不足のせいか、自然に陣痛が起らない人が増えています。

そういった場合、出産予定日が過ぎたまま時を過ごしていると、破水の方が先にきてしまうことになります。破水をすると病院へ行かなければ行けません。そこでお医者さんや看護師さんが妊婦さんの様子を見て陣痛促進剤を勧めたりします。

出産の負担を軽くする陣痛促進剤

陣痛促進剤は本人の同意がなければ使用できないので、自分や付き添いの方が使うべきか判断することになります。使わなかった場合、破水の後に自然陣痛がくるのを待つ人もいますが、自然陣痛を待って数日入院することになる人も多いです。

その場合出産に費やす時間がその分増えるわけですから、妊婦さんの身体的・心理的負担は大きいと思います。そういった負担を少なくするために陣痛促進剤が使われます。

出産の負担を軽くする陣痛促進剤の効果とは?

陣痛促進剤を使う判断をした場合、どのような効果があるのでしょうか?陣痛促進剤は点滴と同じように体内に接種します。始めうちは変化が何も起こらず、病院の廊下を歩かされるなど看護師さんから運動を促されます。

けれども早い人では数時間で陣痛という痛みを体に感じることとなります。この陣痛が起こり始める時間は人によって様々で、半日経っても陣痛が起らない人もいますが、大部分の人は投与してから数時間で陣痛という痛みに苦しむことになります。

出産の負担を軽くする陣痛促進剤の効果とは?

陣痛はどんな人でも痛くて苦しいのですが、陣痛促進剤を使うと陣痛の痛みは自然陣痛よりも時間が短く、数時間で出産に至るケースが多いです。そのため、陣痛促進剤を使った人の方が出産に伴う疲労蓄積は各段に少ないと言えます。

出産後について

出産を終えるとしばらくは、どの人も放心状態でしばし休息をとることになりますが、翌日からは妊婦から母親になった女性には、実はとても忙しい日々が待っています。生まれた赤ちゃんは、お母さんの手助けがなければ生きていけない訳ですから、授乳をしたりおしめを変えたり、大変な日々が待っています。

出産の時の疲労蓄積が少なければ赤ちゃんのお世話に集中できますので、母子とも健康的な日々がおくれると思います。陣痛促進剤の効果はその後の母子の生活もスムーズにする効果もあると思います。

陣痛促進剤の安全性?

陣痛促進剤を使用することによって、母体や赤ちゃんが危ない目にあったという事例はまれですが、人によっては陣痛促進剤が体に合わない場合もあります。薬にアレルギーがある人や病気治療中の人は担当の医師によく相談することが大切です。

出産時期が近づいてきたら、自分はどんな出産の形を取りたいのかを含めて、自分の体のことや心理的なことを医師や看護師によく相談するようにした方が良いです。また陣痛促進剤を使用することになっても、使用しないと決めた時でも、出産に備えて適度な運動をしておくことが必要です。

お腹が大きくて大変な時期ですが無理せず、心理的にも良いお散歩などを心がけると良いと思います。

PR