【ママの不安】低出生体重児の成長はどうなるの?障害が残ってしまうの?
189views

【ママの不安】低出生体重児の成長はどうなるの?障害が残ってしまうの?

低出生体重児の成長について多くのママたちが不安を抱えていると思います。成長の速度はどうなのか、障害が残ってしまったらどうしようと悩んでいる方も多いです。そんなママたちの不安が少しでも軽くなるように今回は低出生体重児についてまとめてみました。これから子供を産むことを考えている方にもお勧めです!

低出生体重児の成長を知る前に・・

低出生体重児ってどんな子供のことなのかちゃんと知らない方は、まずは知るところからはじめることが大切です。自分が産んだ子供が低出生体重児だった時にパニックにならないようにしておきましょう。

低出生体重児って一体どんな子?

低出生体重児って一体どんな子?低出生体重児というのは、生まれてきたときの体重が、2500g未満の子供のことを言います。低出生体重児の多くは早産という形で生まれてきますが、早産ではなく、通常の妊娠期間を経て生まれてきた子供の中にも低出生体重児はいます。低出生体重児は増加傾向にありますが、医療の進歩などによって低出生体重児が命を落とすということは少なくなっています。

低出生体重児になってしまう原因を知っておこう!

低出生体重児になってしまう原因を知っておこう!これから妊娠を考えている方には自分の赤ちゃんが低出生体重児にならないために、低出生体重児になってしまう原因について良く知っておく必要があります。まず、大きな原因としては、妊娠中の喫煙や飲酒です。妊娠中のこの二つのことに関しては絶対にしてはいけません。想像以上に赤ちゃんに大きな影響を与えてしまっています。発達などの遅れや、知能面での障害にも関係する恐れがあるのでやめましょう。また、妊娠中になぜか必要以上のダイエットをしてしまう方がいるようです。通常妊婦さんの体重は、赤ちゃんの成長に伴ってどんどん増えていくのがふつうです。増えるのを気にして、食事を減らしたりするのは自己判断で行うのは絶対にやめましょう。もちろん増えすぎはいけません。なるべく体重管理に関しては食事制限などをするのではなく、運動などで行うようにしてください。もちろん必ず医師の監督に基づいて行うようにしてください。

低出生体重児の成長や障害について

成長の仕方はどんな感じなの?

低出生体重児であっても、現代では以前とは異なり医療技術が発達しているので多くの赤ちゃんが命を取り留めることができます。その後もすくすくと大きく成長していきます。自分の子供が低出生体重児であると不安で不安で仕方がないと思います。しかし、入院の長さは他の赤ちゃんに比べて長いことはあっても、退院してからの成長は他の赤ちゃんとは変わりがあまりありません。障害が無い限り、しゃべれるようにもなりますし、歩けるようにもなります。周りの子に比べて体が小さかったり、歩くタイミングなどが遅い場合がありますが、それらは個人差なので問題ありません。成長の仕方はどんな感じなの?

障害のリスクはどのくらい・・?

子供を産んだお母さんにとって一番不安になるのが障害の有無だと思います。低出生体重児は普通に生まれてきた子に比べて障害のリスクは高くなります。しかし、お腹の中にいる時間が35~37週未満の子たちの場合では、成長も普通に生まれてきた子供と変わらず、障害を持つリスクもあまり高くありません。生まれてくるのが早すぎて体の機能が不十分な状態で生まれてきてしまうと、学習障害や、注意欠如多動性障害などの障害になるリスクが高くなります。自分の子供を見て周りのこと様子がおかしかったりした場合にはすぐに医師に相談して検査を受けるようにしましょう。

PR