帝王切開って楽ちんだよね?…いやいや帝王切開のリスクって高いんです
220views

帝王切開って楽ちんだよね?…いやいや帝王切開のリスクって高いんです

妊娠していよいよ出産となったとき、通常分娩ならいいけれど「帝王切開」での分娩を選択せざるを得ない場合、出産前のママとしては帝王切開のリスクって気になりますよね。帝王切開のリスクにはどんなものがあるのか、帝王切開ってどんなものなのか調べてみました。

わが子に会うため乗り越えなくちゃいけない帝王切開のリスクを考える

女性として人生のうち数えるほどしか経験できない大イベントの出産。できればトラブルなく普通分娩できたらいいけれど、帝王切開での出産自体この20年でおよそ2倍に増え、最近では5人に1人は帝王切開で出産するといわれ、その割合は急激に増加しています。

帝王切開のリスク

最近では女性の社会進出もあり女性の出産の年齢も上がっています。そのため、分娩時間が長くなったり、医療技術の発達もあり赤ちゃん側の状態もよくわかるようになりました。そのため、無理をしないで帝王切開を選択する場合も多くなっています。

「帝王切開=楽な出産」「自然分娩こそが素晴しい」という妄言

帝王切開になったからといって決して楽なものではありません。自然分娩ができず帝王切開になったからといってダメなお産だというわけでもありません。ましてやダメな母親なんてことはないのです。

帝王切開での出産は時にネガティブな言葉をぶつけられて傷ついてしまう場合があります。よく耳にするのは「産道通らずに生まれてきた子供は我慢が足らないらしい」「子供が情緒不安定なのは帝王切開だったから」「楽して産んだ」「産みの苦しみを知らない」など。これらは全くの「デマ」といってもいいようなレベルのものですが、特に年配の方や同じ妊婦から心無い一言を浴びせられ、そうでなくともナイーブになっている出産したばかりのママにとってはヘタをすると何年も引きずってしまうようなダメージを心に受けてしまう事になりかねません。一口に出産といっても、出産は一人ひとり違います。「いい出産」「悪い出産」というものはないのです。

帝王切開の妄言

帝王切開が赤ちゃんに与えるリスク、ママに与えるリスクとは

帝王切開は出産のリスクを回避するための緊急避難的処置として取られる仕方のない処置とはいえ、お腹を切るという不安でママは気が気ではないところですが、帝王切開で赤ちゃんに危険が及ぶ事はまずありません。赤ちゃんに対してのリスクはほぼありませんが、ママには若干の心配もあるのでそこは注意しなくてはいけません。

1.麻酔薬の相性によって副作用があることがある

麻酔が身体に合わないとき、出産後は吐き気がしたり気分が悪くなったりする事があります。このように、麻酔には薬による副作用のリスクがあることを知っておくことも大切です。

2.切開の方法によって痛みが強く出たり傷跡が目立つ場合がある

帝王切開では切開の方法により縦に切る場合と横に切る場合があります。一般的には縦に切るより横に切るほうが傷跡が目立ちにくく痛みもラクだといわれています。また、横に切る方が縦に切るときに比べ時間がかかるのでトラブルの可能性の低い予定帝王切開分娩の場合に選択されます。

逆に縦に切る場合、手術時間が短いのが特徴で、出血も少なくてすみ赤ちゃんを早く安全に取り出せるため比較的緊急性が高い場合にとられる場合が多いです。しかし、体質によって術後の傷口の回復が遅くなったりケロイド状になってしまうことがあります。

3.一人目が帝王切開だと、二人目以降も帝王切開の可能性が高くなる

第一子が帝王切開だと子宮壁が薄くなっているため二人目以降の自然分娩を望む場合、子宮破裂の危険性があります。

帝王切開の胎児妊婦へのリスク

普通分娩といわれる出産でも不安なのに、ましてや赤ちゃんを大切に育てている子宮を切開し赤ちゃんを取り出すという「手術」を受けなければならない不安は出産という大仕事を目前にしているママにとっては不安な事この上ないと思います。しかし、【帝王切開】での出産は無用なリスクを避けて赤ちゃんを安全にこの世に誕生させるために必要なことですし、これも正常な出産の方法の1つなのです。

PR