臨月はいつから?この時期に注意したいこと
257views

臨月はいつから?この時期に注意したいこと

臨月はいつから?この時期にやっておきたいこと、注意したいことなどを紹介します。いよいよ出産が近づいてくるわけですが、心の準備や出産に向けての準備などをしておくと安心です。いきなり出産となるわけでは無いため、慌てずにゆっくりと準備してみてください。

臨月とは?

臨月はいつから

臨月とは一般的に36週~40週までのことをいいます。妊娠10ヶ月に入ったら臨月と呼び、いよいよ赤ちゃんを出産するための準備が必要となります。ちなみに36週6日までは早産、37週~41週6日までが正期産となります。在胎週数で考えると臨月とは36週0日から39週6日となるため、出産に適した時期より少し早くから臨月と呼ぶことになります。妊婦さんが考える場合は詳しい臨月はいつから?と厳密にならず妊娠10ヶ月と覚えておいても大丈夫です。

臨月になったら避けたいこと

妊娠10ヶ月に入ったらできるだけ避けたいことがあります。いよいよ出産のため気もゆるみがちですが、できるだけ赤ちゃんをお腹の中で育てたほうが良いため、ギリギリまで気を抜かないようにしてみてください。

里帰りはこの時期にNG

臨月になったら避けたいこと

臨月での里帰りは避けるようにしましょう。特に航空機を使っての里帰りでは、航空会社の規定により搭乗できないことも多いため避けるのが無難です。出産予定日から28日~8日前の搭乗は医師の同意書などを添える必要があります。それ以降になれば医師の同伴が必要となるため、里帰りはできるだけ臨月に入る前に行っておいてください。遅くても34週までに里帰りするのが良いとされています。

バランスの良い食生活を

出産もそろそろと思うと食事も気を抜きがちです。しかしまだまだ気が抜けず、塩分摂取やカロリーの摂りすぎには注意したいものです。臨月に体重が増えれば、妊婦さん自身の脂肪の蓄積に結びつくため、産後の回復が遅くなります。妊娠中毒症の診断を受けていた方も、気を抜かず食べすぎには注意しましょう。

臨月にやっておきたいこと

そろそろ出産が近づいてくるため準備も必要です。スムーズなお産となるよう対策をしておきましょう。出産後の家族の生活の計画を立てておいたり、出産のための準備も必要となります。

入院のための準備

出産予定の病院からは入院時に必要なリストをもらっているはずです。それを見ながら必要な道具を揃えておきます。入院セットで予め病院側が用意してくれているものもあるため、購入するのか確認しておいてください。臨月に入ったらいつでも入院できるよう、バッグに必要なものを入れておくと安心です。1人ときに陣痛が始まってもバッグさえ用意しておけば、お産でも対応してくれるタクシーを呼び1人でも病院に行くことができます。

適度な運動をしておく

臨月にやっておきたいこと

安産のためには適度な運動が必要だといわれています。いよいよ出産が近づいてきたら、体力も必要となるため足腰を鍛えるようにしましょう。無理せず続けられるウォーキングなどがおすすめです。臨月の場合はいつお産がはじまってもおかしくないため、外出時には携帯電話と母子手帳を持参してください。万が一の際のためのタクシー代も持って行くと、外出先で急に陣痛がきても慌てなくて済みます。運動が必要といっても、遠くまで外出するのは避けるのが無難です。ベビー用品を見にウィンドウショッピングなどをしながら、運動を続けるのがおすすめです。

検診が週に1回になる

臨月に入ると検診の頻度が上がります。週に1回の検診となるため、忘れずに受診しましょう。子宮口が開いていないか?お腹の張りはどうなのか?などお腹の状態をチェックしてくれます。わからないことがあれば何でも聞いておけば安心なため、臨月に入ったら定期的に受診することをおすすめします。

PR