帝王切開は痛い?痛みの原因は?痛くなったらどう対処する?!
327views

帝王切開は痛い?痛みの原因は?痛くなったらどう対処する?!

帝王切開は痛いという人もいれば痛くなかったという人もいます。この原因として痛みが個人差の大きい問題であることと、体質によって痛みの強さが変わることが考えられます。痛みを早く改善するためには痛み止めの服用の他、下半身を温めることが効果的です。また、傷を早くきれいに治すためにひまし油もおすすめです。

帝王切開は痛い?痛くない?

帝王切開は痛い?痛くない?なんらかの原因で経膣分娩ができない場合には直接腹部を切って赤ちゃんを取り出す帝王切開での出産になります。
帝王切開での出産は周囲から「楽をして出産した」などと言われることが多く、痛みが少ない出産を思われがちです。しかし、実際に帝王切開を経験した人の中には、出産後に強い痛みを感じたという人も少なくありません。
腹部を切っているのですから、まったく痛みがないわけはありません。
しかし、最近では痛み止めの使用でかなり痛みが軽減されることもわかっています。ただし、痛みというのは個人差があるので、ほとんど痛くなかったという人もいれば、かなり痛みを感じたという人もいるため個人差が大きいようです。

帝王切開のあとで痛みが強い人の特徴

帝王切開をした人の体験談では痛みが強かった人とそうでもなかった人に分かれます。
その差はどこにあるのでしょうか?
実は、あまり痛みが強かったという人にはいくつか共通するポイントがあります。

【1】生理痛が軽い

普段から生理痛がほどんとない人は産後の腹痛が強かったと感じることがあるそうです。
反対に、普段から生理が重く、腹痛が強い人は帝王切開のあとの痛みと普段の生理の痛みを比べて、あまり痛くなかったと感じる人が多いようです。
普段から痛みに耐えているので痛みに耐性があるのかも知れませんね。

【2】冷え性

体が冷えている人、冷え性である人、お腹が冷えている人など、体温が低い人、下半身が上半身に比べて冷えている人は帝王切開のあとで強い痛みを感じることがあるようです。
冷えているために、組織が硬くなっているために修復に時間がかかったり、子宮が強く収縮するために痛みが強くなることがあるそうです。

【3】痛みを我慢しがち

帝王切開の後で痛みを感じたという人にもっとも多いのは軽度の痛みや痛みを感じたときにすぐに周囲の人に伝えることができなかった場合です。
少しの痛みだから我慢できそう、と思っていると、徐々に痛みが悪化して、やがて激痛になるというパターンです。痛みや違和感を感じた時点で早めに痛み止めなどで対処していれば、そこまで強い痛みになることはありません。
しかし、かなり痛くなってから鎮痛剤などを用いても効果が薄いことがわかっています。痛みを感じそうになったり、軽い痛みのうちに周囲の人に伝えることが大切です。

帝王切開の痛みは薬や温めることが効果的

帝王切開の痛みは薬や温めることが効果的帝王切開の痛みを軽減するためには、痛みを我慢せず、早めに鎮痛剤や痛み止めをもらうこと、そして下半身を温めることが大切です。
体は普通、上半身のほうが下半身よりも体温が高いものです。そのため、体を温めるとき、上半身を温めると下半身との温度差が大きくなるため冷え逆上せや頭痛の原因になることがあります。このような体温のアンバランスを防ぐために下半身を中心に温めるようにします。
とくに足、腰、腹部を中心に湯たんぽやカイロ、電気アンカなどを使用してしっかりと温めます。
一方、上半身はあまり暑くならないように厚着をしないことも有効です。

痛みを早くきれいに治すためにひまし油が有効!

帝王切開の傷を早く治す方法としてひまし油を使用した方法がおすすめです。
これは痛みの軽減、傷の治りを早くする、そして傷口の痕がきれいに治るという3つの効果が期待できます。
方法は簡単です。
一度、熱したひまし油を40度まで冷まし、傷口に塗りフランネルで覆います。汚れないようにさらにラップで覆い、固定します。
痛みを早くきれいに治すためにひまし油が有効!この処置を1日ごとに繰り返すことで早い回復が期待できます。
最近では多くのオイルの健康効果が見直されていますが、中でもひまし油は粘性が高く、細胞の回復を早めたり、リンパなどの体液循環を促進する効果があると言われてます。
また、ひまし油は他のオイルと違って傷口に塗っても痛みやしみたりしないので安心して使用できます。

PR