授乳のお悩み解決!授乳を3時間おきはいつまで?夜中に起こして授乳する?
3,642views

授乳のお悩み解決!授乳を3時間おきはいつまで?夜中に起こして授乳する?

初産の妊婦さんは、赤ちゃんを育てるときに育児書に頼ることが多いですよね。育児書に授乳に関して書かれているのが、3時間おきにあげるということ。でも、授乳を3時間おきはいつまでなのでしょうか?また、夜中にぐっすりと眠る赤ちゃんは、起こして授乳するべきなのでしょうか?授乳の疑問についてお答えします。

教えて!授乳に関する疑問

初めての育児はドキドキわくわくもあるけれど、あれは大丈夫かな?これはどうすれば良いのかな?と不安もつきものですよね。

今回は、授乳に関する疑問についてお答えします。
初産の方は、授乳を3時間おきはいつまでなの?と疑問を持たれるかもしれません。授乳に関する疑問を解決しましょう。

授乳を3時間おきはいつまで?

授乳を3時間おきはいつまで

初産の場合は産院に1週間入院をします。母子別室の場合、入院をしている間は看護師さんや助産師さんが、赤ちゃんの授乳時間になると、お部屋の電話を鳴らして呼び出してくれるでしょう。
入院中は、病院のコールがあるときに授乳をすれば良いですが、問題は退院後です。産後すぐに実家に帰られる方は、母の助けがありますが、自宅へ帰る場合は、子育ての相談をする人がいませんよね。そこで頼りになるのが育児書。

育児書で月齢1か月の赤ちゃんの授乳の欄をみると、書かれているのが授乳は3時間おきにあげましょうということ。では、授乳を3時間おきにあげるのはいつまでなのでしょうか?
実際に子育てをされると分かりますが、赤ちゃんによって授乳間隔は異なります。小食の赤ちゃんは最初から授乳間隔が3時間おきですし、たくさん飲む赤ちゃんは1、2時間でお腹が減ったと泣き始めます。最初は泣いたらおっぱいとよく言われますが、赤ちゃんのペースに合わせて授乳をすれば問題ありません。

母乳のみの場合は授乳間隔が3~4時間に安定するのが、生後2、3か月くらいだと言われています。ミルクの場合はもう少し間隔があくこともあります。そして、離乳食をスタートさせる5か月頃になると、1回に飲む量が増えるため、4~5時間とさらに授乳間隔があくようになります。

寝ている赤ちゃんを起こして授乳するべき?

寝ている赤ちゃんを起こして授乳するべき

生後1か月ころまでは、赤ちゃんは飲んでは寝てを繰り返します。生後間もない赤ちゃんは、おっぱいを吸う力もまだ弱く、胃も小さいため一度に多くの量を飲むことができません。よって、授乳にも時間が掛かってしまいます。朝も夜も関係なく、2時間寝ては1時間起きてというような生活リズムを繰り返すことになります。

ただ、個人差があって、生後間もないころから、夜もしっかりと眠ってくれる赤ちゃんもいます。そのような場合、寝ている赤ちゃんを起こして授乳をする必要があるのでしょうか?

夜まとめて6時間以上寝てくれる赤ちゃんがいた場合、昼間機嫌よく過ごしているのであれば、無理に起こして授乳をする必要はありません。体重が順調に増えていることを確認できたら、夜はしっかりと眠らせてあげましょう。お母さんもしっかりと睡眠時間をとって、日中の疲れをとることが大切です。

母乳を上手に飲んでくれない場合は?

母乳を上手に飲んでくれない場合

生後間もない赤ちゃんは、おっぱいをまだ上手に飲めません。産院にいる間に、看護師さんや助産師さんにおっぱいの飲ませ方のアドバイスをしてもらいましょう。赤ちゃんの抱き方を変えるだけで、おっぱいを上手に飲むことができる場合もあります。
また、お母さんの乳首と赤ちゃんの口の大きさによっては、ニップルなどに頼った方が上手に飲める場合もあります。

退院後は、市の保健施設や、地域の子育て支援センターなどに相談をしてみましょう。助産師さんを派遣してくれる市区町村もありますよ。

PR