産後の美バストづくりに!垂れ胸や離れ胸を改善するやり方
224views

産後の美バストづくりに!垂れ胸や離れ胸を改善するやり方

産後の垂れ胸や離れ胸、気になりますよね。授乳が終われば一気にしぼみますので、本当にシワばっかりでショックを受ける女性はたくさんいます。こちらでは垂れ胸や離れ胸に効果的なエクササイズをご紹介しますので、早速試してみてください。

垂れ胸・離れ胸の原因

産後の垂れ胸、離れ胸の原因

妊娠するとバストがアップして、出産すればさらに大きくなりますよね。授乳中は赤ちゃんにおっぱいをあげることに必死でバストの形なんて正直気にしていられないかもしれませんが、卒乳や断乳した後は、おっぱいがしぼんで垂れ胸や離れ胸になることがあり、もうブラなしじゃ旦那様やパートナーに恥ずかしくて見せられないなんて女性もいます。
女性としてバストの形はとても気になる部分ですよね。こちらでは、垂れ胸や離れ胸を改善する簡単にできるエクササイズをご紹介しますので、ブラなしでもピンっと上を向いたバストになるようぜひ頑張ってみてください。

なぜバストは垂れるの?

バストが垂れる最大の原因は加齢によるものです。しかしそれだけではありません。バストのサイズが急激に変わったり、激しい運動をして大胸筋や乳腺などをつなぐクーパー靭帯が切れてしまっても垂れてしまうことがあります。
バストの張りに必要なエストロゲンも関係します。エストロゲンは女性ホルモンですが、悪い生活習慣や疲れ、ストレスなどによって分泌が減ってしまうことがあり、それが下垂を引き起こすことがあります。

なぜバストが離れるの?

離れ胸の原因もいくつかあります。まずは、筋力の衰えです。もともと女性は男性に比べて筋力が少ないのですが、加齢によりさらに衰退してしまいます。大胸筋が無くなってくるのでクーパー靭帯も弱くなり離れ胸を誘因します。ブラジャーが合っていないことも原因としてあげられます。胸のサイズより小さいブラジャーをしていると、余計なところに圧力がかかって、胸の成長を阻害します。逆にブラジャーが大きすぎると胸の脂肪があちこちに動いてしまうので、形が悪くなります。

美バストづくりに役立つエクササイズ

ペットボトルを使った垂れ胸防止エクササイズ

美バスト作りのペットボトルエクササイズ

垂れ胸には、ペットボトルを使った簡単なエクササイズが効果的です。ペットボトルがダンベルの代わりになるので、いつでも始められますね。もちろんダンベルを持っている方はそちらでやってみても構いません。

やり方は以下です。

①500mlのペットボトルを2本お水で満杯にして、左右の手で持ちます。
②両方の足を肩幅に合わせて開き、姿勢よく立ちます。
③息を吐きながら腕を肩の高さまで上げて胸の前に来るようペットボトルを合わせます。
④③の状態で腕をゆっくり広げます。
⑤④からまたペットボトルを合わせます。

これを1セット10回として3セット行います。ポイントは呼吸をしながら行うことと腕が落ちてこないようにすることです。バストの上や鎖骨に力を入れるとさらに効果的で、鏡があるとやりやすくなります。

大胸筋を鍛える離れ胸エクササイズ

大胸筋を鍛える離れ胸エクササイズ

離れ胸エクササイズは簡単です。「いただきます」の挨拶をするときのように、両手を胸の前で合わせます。その両手に力をいれて、ぐっと押し合います。これだけです。
とても簡単ですが、大胸筋を鍛えて離れ胸や垂れ胸に効き、継続することで、胸の谷間も作ることが出来ます。
冷えなどによって血流が悪くなると、老廃物が溜まったり、必要な栄養が届かなかったりして、胸の形が悪くなったりハリを失ったりします。肩こりも良くないので、身体を温めるようにして血行促進に努めることもポイントです。

PR