これを知れば気持ちが楽に!産後に不眠症になる原因と対処法
19views

これを知れば気持ちが楽に!産後に不眠症になる原因と対処法

赤ちゃんを出産して大きなお腹から解放されたと思ったら、今度はなかなか眠れない不眠症に・・・なんて経験をしている新米ママさんは意外に多いのではないでしょうか。実はこれには、きちんとした理由があるんです。産後に不眠症になる原因と対処法をしっかり知って、笑顔で育児ができる体勢を整えましょうね。

産後に不眠症になる原因

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンがたくさん出ていましたが、産後は急激に減ります。

また、母乳を出すホルモンがたくさん分泌されると、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されにくくなってしまいます。すると、自律神経が乱れて、交感神経の働きが活発になり、体がリラックスできなくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活

赤ちゃんと一緒に生活を始めると、これまでの朝起きて夜眠るという睡眠リズムが劇的に変化します。

生まれたての赤ちゃんは、睡眠リズムが一定ではなく、短い睡眠を一日の間に何回も繰り返し、昼と夜の睡眠リズムが作られていません。もちろん、ママも、この赤ちゃんのリズムに合わせて授乳したり、お世話したりする必要があるので、これまでの睡眠リズムは乱れまくり、細切れで睡眠を繰り返すことになります。

その結果、体内リズムが乱れてしまい、それがきっかけで不眠になることもあります。

睡眠リズムが劇的に変化します。

赤ちゃんはとってもかわいいですが、お世話をするのは本当に大変です。休息を上手に取るようにしましょうね。

産後の不眠症への対処法

こまめに寝る

赤ちゃんと一緒に生活をすると、長い時間寝続けることがほぼ不可能なので、こまめなお昼寝などで1日のトータル睡眠時間を確保するようにしましょう。

しかし、お昼は、たまった家事をしなくてはいけないし、なかなか思い通りにいかない・・・と思う新米ママも多いですよね。

そのような時は、自動織機洗い機やルンバなどの家電を活用したり、家事代行サービスを利用して、家事にかかる労力をできるだけ少なくすると言うのも一つの手です。ママが倒れてしまっては元も粉もありませんから、この時期だけは割り切って、様々なサービスを活用して、眠ることができる時間を確保しましょう。

もし、家事をしている間や一緒に昼寝をしている時に赤ちゃんが泣き出しても、安全な場所であれば問題ないですよ。

赤ちゃんと一緒に寝る時間は至福の時

Mother and Daughter Resting / donnierayjones https://www.flickr.com/photos/donnieray/11215910676/

赤ちゃんと一緒に寝る時間は至福の時ですよ❤

朝日を浴びて夜は光を浴びない

朝日をしっかり浴びると、睡眠ホルモンメラトニンの分泌スイッチが作動し、夜にムダに光を浴びなければ、メラトニンが自然に分泌され、夜になると眠たくなります。

具体的には、朝、光を浴びることができるように、朝食を窓際で食べる、窓際の近くで寝て光を浴びやすいようにするのも良いでしょう。また、夜は、パソコンやスマホをいじらずに、ゆったりと目を閉じて眠りましょう。

朝日を浴びて夜は光を浴びない

添い乳や便利グッズをフル活用!!

赤ちゃんのお世話で一番大変と言ってもいいものが、夜の授乳です。

夜の授乳は、ママももちろん起きることになりますが、母乳育児の方は添い乳をする、ミルクの方は調乳や後片付けが楽になるものを活用すると、夜の授乳も少し楽になります。このような工夫を実践し続けると、自然と時間的にも精神的にも余裕が出てきて、産後に不眠症であっても、解消されますよ。

添い乳や便利グッズをフル活用!!

ストレスをためない

産後は劇的に生活が変わるので、ストレスがたまりやすいですが、できるだけストレスを解消することが大切です。産後のママの心身は取っても疲れやすく、家事を完璧にこなすのは無理だということを家族に理解してもらうだけでかなり違いますよ。

できるだけストレスを解消することが大切

PR