髪質が変わってしまったの?産後のくせ毛はどうして起こるの?
35views

髪質が変わってしまったの?産後のくせ毛はどうして起こるの?

産後のくせ毛はエストロゲンの分泌低下と、睡眠不足や栄養不足によって起こります。ホルモンの乱れは、産後半年ぐらいで落着いてきます。出産後、母乳育児をすると赤ちゃんに栄養分を取られるため、栄養不足状態になってしまいます。そこで髪によい食品を積極的に摂りましょう。

産後のくせ毛は何が原因?

産後のくせ毛の原因はホルモンのせい?

産後のくせ毛の原因として一番の要因は、女性ホルモンの乱れによるもの

産後のくせ毛の原因として一番の要因は、女性ホルモンの乱れによるものです。

特に肌や髪につややかなうるおいを与えてくれるエストロゲンという女性ホルモンの分泌が産後一気に低下してしまうため、肌や髪に十分なうるおいが行き届かず、髪がぱさぱさになってしまう傾向があります。

産後のくせ毛は栄養不足のせい?

産後のくせ毛の原因として考えられる二番目の要因は、栄養不足

産後のくせ毛の原因として考えられる二番目の要因は、栄養不足です。

母乳育児をしているママの場合だと、ママの栄養分が母乳として赤ちゃんに取られてしまいます。また出産後は、新生児のお世話や家事などで十分な睡眠や栄養を取ることができません。

出産後、赤ちゃんはまとまった睡眠をとることができない状態であるため、泣いては眠りおっぱいを飲むという生活を繰り返します。そのため、出産したばかりのママは細切れ睡眠しか取ることができず、また食事もついつい簡単なもので済ませがちです。

そのため、睡眠不足と栄養不足が重なり、髪は栄養不足状態になってしまうのです。髪に十分な栄養が行き届かなくなってしまうと、髪の内部組織がスカスカとなり、乾いたダメージを受けやすい髪質になってしまいます。髪を引っ張っただけで、切れ毛や枝毛の原因となってしまうこともあるかもしれません。

また髪質が落ちることによって、髪にくせが出てきてしまうのです。

産後の悩みはくせ毛だけではありません

くせ毛に合わせて薄毛の悩みも出てきます!

くせ毛にプラスして薄毛の悩みも出てくるかもしれません

The hair stylist / hfb https://www.flickr.com/photos/hfb/3558245486/

産後は女性ホルモンの分泌が低下するため、くせ毛にプラスして薄毛の悩みも出てくるかもしれません。一時的なものですから、産後のくせ毛や薄毛はホルモンバランスがまた元の状態に戻れば治ります。

産後も髪の美しいママでいるためには

十分な睡眠と栄養を取らなければなりません。

産後も髪の美しいママでいるためには、十分な睡眠と栄養を取らなければなりません。

残念ながら女性ホルモンの分泌低下は、産後自分の力ではどうすることもできませんが、睡眠と栄養は努力次第でなんとかなるのではないでしょうか。

産後のママは、産褥期と言われる出産後一か月間は、赤ちゃんと寝起きを共にするようにすると、睡眠不足から解消されます。赤ちゃんが眠ったら、自分も眠り、赤ちゃんが起きたらお世話をすればいいのです。その間は、家事は家族に甘えましょう。

髪によい食べ物とは?

髪を作る栄養素はタンパク質です。

髪はケラチンという物質で構成されており、ケラチンはタンパク質から作られています。

そのため、美しい髪を作るには、良質なタンパク質を摂るようにしましょう。肉や魚、大豆などに含まれており、中でも毎日摂りたいのが青魚です。青魚の脂肪分には、髪の乾燥を防ぐ効果もあります。

また亜鉛は産後不足しがちなので、亜鉛を含む食品も食べるようにしましょう。ちなみに亜鉛は、カキや卵黄、高野豆腐、ひじき、のりに含まれています。

頭皮マッサージで毛細血管を活発化させよう

産後も美しい髪で居続けるためには、頭皮マッサージを行い、毛細血管まで栄養をしっかりと送り届けましょう。

出産後は、身体の疲れも溜まってくる頃です。また新たに新生児のお世話という仕事も加わるため、かなり頭皮もストレスで固くなってしまいます。頭皮の血流も悪くなってしまうと、薄毛やくせ毛の原因になります。

ちょっとした手の空いた時間を利用して、頭皮マッサージをすると、血液の流れがよくなり、髪に栄養分も送られて行きます。

PR