出産を終えたのにどうして!? 産後の恥骨痛のみんなの対処法
2,407views

出産を終えたのにどうして!? 産後の恥骨痛のみんなの対処法

妊娠中に苦しんだ恥骨痛。お産も無事に終え、やっと解放されるかと思っていたら恥骨の痛みがなくならない!? 子供も生まれて忙しくなるのに、痛みがおさまらないなんてどうしたらいいの?? 産前産後の恥骨痛の原因・対処法についてまとめてみました。

そもそも「恥骨」ってどこのこと?

恥骨は骨盤の一部

おへそから下へさわっていくと固い場所があるのがわかるはず。股間よりは上になります。そこが「恥骨」です。・・・とはいっても、なかなか恥骨の痛みがコレだとははっきりわからないと感じている人も多いのではないのでしょうか。では、どの場所に痛みを感じたら「恥骨が痛い」状態なのでしょうか?

恥骨が痛むのはどんなとき?

起き上がろうとしたとき

朝起きるときや、しんどくて横になっていて起き上がろうとした時に痛みを感じたママが多くいます。

立ち上がろうとしたとき

起き上がろうとしたときと同様、座っている体勢から立ち上がろうとしたときに痛みを感じることが多くいるとのこと。全員が痛みを感じるわけではないが、痛みを感じる人の中にはあまりの痛さに泣きそうになってしまうと感じている人も。

歩くとき

walking-454543_640

歩こうとするとズキズキと痛むので、歩くことさえできなかったという妊婦さんもいます。
歩くことができないほど痛むというのは日常生活に支障が出てしまいますね。ましてや第二子以降なら、じっとしていることもできないので対処が必要です。

産前産後の恥骨痛はどうして起こるの?

産前の恥骨痛は赤ちゃん生まれてくるために体が準備をしている証

speaker-649039_640 (1)

恥骨がある骨盤は赤ちゃんが生まれてくるときの通り道。妊娠したそのときから、体は徐々に出産に向けて変化していきます。
そしてそれは骨盤も同じです。成長した赤ちゃんを受け入れるスペースを作りつつ、出産の際に赤ちゃんが通ることができるように骨盤では関節の間の結合部が少しずつ緩んでいきます。

産後の恥骨痛は出産で開いた骨盤のせい

恥骨痛って実は産前だけのことじゃなく、産後にも痛みを感じることがあります。赤ちゃんを守り育て、無事に外界に送り出すためにママの体は変化していっているわけで、無事に赤ちゃんを迎えることができれば問題は解決するもの、と考えるが普通。なのに、なぜ産後の恥骨痛で苦しまなければいけないのでしょうか?
出産までの間に開いた骨盤は赤ちゃんが外に出てかかる重さも負担もなくなったにも関わらず痛みを引き起こす原因になってしまっているのです。

産後の骨盤は使いっぱなしになっている!?

妊娠するとリラキシンホルモンという分泌物が作られるようになります。リラキシンホルモンはまさに骨盤に作用し、骨盤を開き、関節や靭帯をゆるめていきます。
出産後はリラキシンホルモンは分泌されなくなるのですが、なんとあろうことか開いた骨盤を直してはくれないんです!なので産後には自分で骨盤を閉じる努力をする必要があります。

産前・産後の恥骨痛の対処法

骨盤ベルトで骨盤を閉める

一般的に骨盤ベルトを使って効果が期待できるのは産後2か月までと言われています。そのため産後、早めに骨盤ベルトを使うようにしましょう。
最近では病院でも産後に看護師さんが骨盤ベルトを装着させてくれるところがあるようですね。私も第二子の出産後には、担当看護師さんが産後すぐのときに持参していた骨盤ベルトを装着させてくれました。

ストレッチをする

骨盤を整えるためのストレッチをしましょう。まず仰向けに寝ます。そのままひざを持ち上げ、腿が床と直角になるところで止めて深呼吸をします。次にそこからつま先をゆっくり天井に向けて伸ばします。そして深呼吸し、もとの腿が床と直角になるところまでゆっくり戻して、仰向けになるところまで戻ります。この一連の動きを5回程度、片足ずつ行ってください。このとき大切なのは『深呼吸』を意識しながらすべての動作を行うことです。

無理せずしっかり休むこと

11070012107

とにかく産後最低1ヶ月は安静にしてしっかり休むことが大切です。『家事をやらなくちゃ』と思うことがあるとは思いますが、産後はお休みするのもお仕事の1つです。この時期に無理をしてしまうとその後の回復が遅くなるため、しっかりと休んで早く回復することに徹しましょう。

PR