綺麗なママになろう♪産後のちつのゆるみを改善する簡単エクササイズ!
198views

綺麗なママになろう♪産後のちつのゆるみを改善する簡単エクササイズ!

産後のちつのゆるみが気になるという方はとても多いと思います。ちつだけでなくお腹の周りなど産後には何かと悩みが多くなる時期です。産後のケアをしっかり行わないとだらしない体になってしまいます。生まれてきた赤ちゃんのためにも綺麗なママでいてあげたいですよね。簡単なケアとエクササイズ方法をご紹介します。

産後のちつのゆるみが気になる・・

産後のちつのゆるみが気になる・・赤ちゃんは女性のちつを通って生まれてきます。通常よりもちつは大きく開くため、産後はちつに締まりがなくなって緩みがちになります。ちつなんてゆるくなってもイイじゃないかと思いがちですが、女性の魅力の一つが欠けてしまったような気がしてしまいます。ママになっても女性らしく綺麗でいたいならばちつの緩みは解消してあげなければいけません。

ちつのゆるみの原因は骨盤底筋にあった・・!

ちつのゆるみの最大の原因は、人の下半身を支えている骨盤底筋と呼ばれる筋肉のゆるみだとされています。骨盤底筋は、子宮を支えている筋肉です。妊娠している間、子宮は中の赤ちゃんの成長に伴ってどんどん大きくなっていきます。これによって筋肉にも徐々に大きな負荷がかかって伸びた状態になります。出産によって子宮が小さくなることによって筋肉がもとに戻れば良いのですが、一度ゆるんだ筋肉はすぐには元に戻らずゆるんだままの状態になります。この骨盤底筋のゆるみがちつの緩みにつながります。

骨盤底筋の緩みはさまざまな問題を引き起こす!

骨盤底筋の緩みはさまざまな問題を引き起こす!骨盤底筋のゆるみはちつのゆるみだけでなく他にも様々な産後の体の問題に関係しています。骨盤底筋が支えているのは子宮だけではありません。膀胱や腸など下腹部にある臓器も支えています。そのため、ちつのゆるみの他に多くの産後の女性が悩むお腹まわりのたるみや、尿漏れも骨盤底筋がゆるんでしまうことで引き起こされてしまうのです。

産後はとにかく骨盤底筋を鍛えるべし!!

産後の様々な問題が骨盤底筋のゆるみによるものだということが分かってきました。このことから、骨盤底筋を鍛えることによって一度にいろいろな問題を改善することができるということです!骨盤底筋を鍛えると、臓器がきちんとした位置に戻り、さらに筋肉が鍛えられることによって下半身だけではなく体全体のシェイプアップ効果が期待できます。子宮にも良い効果が現れるので、女性ホルモンのバランスが安定し、生理不順の方や、更年期の方などにはとてもオススメです。

家事をしながらできる簡単エクササイズ!

家事をしながらできる簡単エクササイズ!立ち仕事が多いママにお勧めのエクササイズです。まずフェイスタオルやバスタオルを用意します。それをくるくると筒状にし、太もものあたりではさみます。タオルをきゅっとはさみ、5秒ほど太ももの内側と肛門に力を入れてキープします。その後、タオルを挟んだまま、ゆっくりと膝を曲げて辛いなと感じるとこるで5秒ほどキープします。また膝を伸ばしてはさんでキープと繰り返します。

寝る前にちょこっとエクササイズ!

寝る前のちょっとした時間に行うエクササイズです。テレビを見ながら行うのもオススメです。うつ伏せに寝転がり、膝を軽く曲げます。このとき足はかかと同士をくっつけた状態にします。そしてそのまま足をキープしながら膝を上に持ち上げます。この時骨盤底筋を意識して、きゅっとお尻に力を入れます。少しの間キープをしたら足を戻して繰り返し行います。足を上げるときに息を吐きながら行うのがポイントです。

生活習慣を変えてみる!

骨盤底筋のゆるみは毎日の何気ない生活習慣によって悪化していることがあります。一つずつ自分でできる範囲で改善していくことが大切です。

トイレの長居は厳禁!

トイレに座って長時間いきみすぎると骨盤底筋のゆるみに繋がります。これは便秘症の方などに気をつけてもらいたいことです。トイレには便意を感じてから行くようにしましょう。食物繊維と水分を積極的に摂るようにし、便通を良くしていくことが大切です。

骨盤底筋エクササイズ以外にも運動を!

骨盤底筋エクササイズ以外にも運動を!下腹部に脂肪がついているだけでも骨盤底筋にとっては大きな負担になっています。骨盤底筋だけを鍛えるエクササイズ以外にも軽いジョギングやウォーキングなどの運動を取り入れることが大切です。運動をする時間が無いという方は、階段を積極的に使うなどでもOKです!

PR