産後の座り方はこうすれば楽!座り方が産後の生活にも影響するってホント?
2,990views

産後の座り方はこうすれば楽!座り方が産後の生活にも影響するってホント?

産後の座り方次第で開いた骨盤が上手に元へ戻るか、生活がスムーズにできるか変わってきます。そのため、産後の座り方は重要で一般的に悪い姿勢と言われる座り方は避けるようにしましょう。ここでは産後の楽な座り方やなぜ産後の座り方が大切ななどについて解説します。

産後は座るのも大変なワケ

傷が痛む

産後は座るのも大変出産の際にできた会陰などの傷はすぐに治らず、傷の具合によっては退院後も痛みに苦しむことがあります。会陰切開や会陰がさけてしまった場合には抜糸不要の溶ける糸で縫合されますが、傷がくっつくまでは床やいすに座る時大変な思いをするママは少なくありません。

骨盤などが不安定

出産に向けて妊娠中から骨盤や恥骨の靭帯がゆるむよう、ホルモンの分泌がされ体の変化が訪れます。出産の時スムーズに骨盤が広がって赤ちゃんが誕生できるのはこのおかげですが、産後すぐの時はまだ靭帯がゆるんだままのため骨盤はグラグラと不安定な状態です。
妊娠前や妊娠中は何気なく座れていても、産後になったら同じようには座れず辛くなったということも。

産後の座り方に注意が必要な理由

骨盤がゆがむ

産後の座り方も影響を与えるひとつ赤ちゃんが産道を通るために骨盤が開き、出産が終わると少しずつ閉じていきます。放っておいてもバランスの良い状態に骨盤が戻るわけではないため、産後の座り方も影響を与えるひとつです。
一般的に、横座りやあひる座りと呼ばれる座り方は姿勢を悪くするといわれていますが、産後は特に影響が出やすくなっています。もし悪い姿勢を続けているとその状態で骨盤が閉じていきバランスの悪い状態に筋肉がついてしまうことに。

全身がこる

座り方が悪いままで産後を過ごすと、全身が疲れやすくコリがでやすくなります。これは筋肉のバランスが悪く体が動かしにくくなっているためです。動きづらいと余計体を動かしたくなくなるため、血行が悪くなりさらに悪化するという悪循環におちいる可能性があります。

育児ストレスを感じる

疲れやすい体になったり不調が出てきたり産後の座り方が骨盤や筋肉に影響を及ぼすため、疲れやすい体になったり不調が出てきたり。あまりに疲労がたまって限界を感じると心にも余裕がなくなり、新生児のお世話がおっくうになったり不安で仕方がなくなることもあります。産後はただでさえホルモンバランスが乱れており、精神的にも不安定になりやすいため、座り方に気を付けて体の調子を整える心がけを少しでも行っておくと順調に子育てがしやすくなるでしょう。

産後の座り方のポイント

骨盤を意識する

猫背になったり腰をそらせるまで背筋を伸ばしたりして座らず、座骨でイスや床に座るように意識します。座骨とは骨盤の一番下の部分。座骨からイスや床に接触し、骨盤が立つようにして座ると自然と楽な姿勢で座ることができます。
力を抜いて楽に座ることができれば、傷にも負担がかからず全身にも余計な疲れが出にくくなるでしょう。

円座を使う

傷が辛い時には円座が便利で、丸椅子の真ん中に丸い穴があいているものです。もしくは円座クッションというドーナツ型のクッションを床などに置きその上に座ると傷の痛みが緩和されます。また、授乳クッションを上手に代用する方法も。

座布団やクッションを上手に使う

半分に折った座布団をお尻の下へ敷く両足を外側に曲げるあひる座りや正座をする時、お尻の下に半分に折り曲げた座布団をおきます。すると骨盤が立ちやすくなりゆがみ防止に。あぐらをする時にも同じように半分に折った座布団をお尻の下へ敷くと骨盤がバランスよく立つだけでなく膝などにも負担が少なく座れます。

PR