産後うつの治療には、何が必要になりますか?
142views

産後うつの治療には、何が必要になりますか?

産後うつの治療は、早い段階だとカウンセリング、症状が重い場合は投薬治療が必要になります。投薬治療を受ける場合は、赤ちゃんへの授乳にも配慮するようにしてください。また、家族のサポートも受けられるようにすれば早めに治るでしょう。

産後うつの治療法

産後うつの治療法とは産後うつといっても個人差がありますから、それぞれのご家庭によって対処法が異なります。まずは、ご主人と子育てについてよく話し合ってください。二人で育てるのが無理な場合は、双方のご実家に頼ることです。ただ、うつ症状がひどい場合は、診療内科などで産後うつの治療を受けることになります。産婦人科などで相談してみてください、受診する機関を紹介してもらえる場合があります。早い段階なら、カウンセリングだけで治る場合があるようです。症状が重くなってからだと、投薬が必要になります。薬を用いることになると、授乳に差しつかえることもあるため注意が必要です。

産後うつのカウンセリング

診療内科などで産後うつのカウンセリングを行っています。診療内科というと敷居が高く感じられるかもしれませんが、誰かに悩みを聞いてもらえるだけで心が軽くなることがあります。産後うつにかかるぐらいのお母さんは、子育てを一人で抱え込んでいることも多く、誰にも相談できないようです。具体的には、身体がだるい、頭が痛い、涙が止まらなくなる、毎日の育児が辛い、子供が可愛いと思えないなどの気持ちになっている場合に、産後うつである可能性があります。単なる育児疲れであることも考えられますから、とりあえずカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

投薬治療とは?

投薬治療を受けることになりますカウンセリングを受けて、産後うつの症状が重たいと診断された場合に、投薬治療を受けることになります。産後うつの投薬治療で処方されるのは、「抗うつ剤」や「精神安定剤」です。これらの薬を服用することで、気持ちが安定するでしょう。ただ、投薬治療を受ける際に気をつけた方がいいのは、薬の種類や分量についてです。お母さんは赤ちゃんにおっぱいをあげていますから、服用する薬の成分が赤ちゃんにまわってしまうおそれがあります。授乳していることを医師に告げて、支持を仰いでください。

家族のサポート

診療内科に通院している間にも、家族のサポートは必要です。夫や双方の実家などに頼れるようであれば、頼った方がいいでしょう。特に、夫とは一緒に仲良く子育てしてください。たまには、子供を自分の親や夫の実家に預けて、友達と会っておしゃべりするなど、息抜きをするようにした方がいいです。産後うつになる人は、誰にも頼れない、夫は非協力的、義母は過干渉などの悩みを抱えていることが少なくありません。言葉の話せない、泣くだけの赤ちゃんといつも一緒にいる、それでは産後うつにもなりかねません。少しの時間だけでも、赤ちゃんと離れて休んでください。

嫁と姑の関係

病気が治る間だけでも、姑とは離れて暮らすことが良いでしょう産後うつの問題でからんでくることが多いのは、嫁と姑の関係です。産後うつだから特に姑の言動をうっとおしく思うのかもしれませんが、夫が優しく姑が過干渉でない家庭では、産後うつは起こりにくいようです。できるなら、病気が治る間だけでも、姑とは離れて暮らすことが良いでしょう。ストレスの多い環境で、薬を飲みながらの診療内科への通院は長引きます。ご主人とよく話し合ってください。ご主人の理解があれば、妻と姑の間に入って話をしてもらえるかもしれません。姑との話し合いが足りない妻というのは、ご主人をも説得できていない場合があります。

産後うつの治療に必要なもの

産後うつの治療には、カウンセリングと投薬治療がありますが、カウンセリングで気持ちが軽くなり、投薬治療で症状が改善されます。ただ、薬を飲んだからといって症状が劇的に改善されるということではなく、普段の子育ての環境も改善することが大切です。赤ちゃんは一人で育てるものではなく、夫と妻が協力して、それでも無理な場合は双方の家族が関わることによって妻の負担は軽くなります。夫が子育てに協力的で、双方の家族の関係がいいなら、妻にとって子育てはたいへん楽しいものになるということではないでしょうか。

PR