ストレスが原因、産後うつはいつまで続くの?
70views

ストレスが原因、産後うつはいつまで続くの?

産後うつはいつまで続くかについては、個人差があります。子育て環境はそれぞれの家庭で異なっていますから、環境に恵まれていれば短期間で抜け出すことも可能です。無理せず、リラックスして子育てできる環境づくりをすることです。

産後うつの原因

産後うつの原因「マタニティブルー」と呼ばれる産後うつ、なぜ女性が産後にうつ状態に陥るかと言えば、女性ホルモンが関係しています。妊娠中に「エストロゲン」や「プロゲステロン」という女性ホルモンが大量に分泌されますが、これらの女性ホルモンは出産とともに急激に減少します。急激な女性ホルモンの変化で、女性は情緒不安定になってしまうというわけです。このようなデリケートな状態のときに子育ての環境が悪かったりすれば、それがストレスとなってお母さんの心に負担がかかります。特に赤ちゃんがはじめてのお子さんだったような場合は、子育てノイローゼのようなものにかかってしまう女性も少なくありません。

ママの性格

産後うつにどういう人がなりやすいかですが、真面目で責任感の強い人がかかると長引きそうです。ママの性格が楽天的だった場合には、産後うつにかかったとしても、短期間で乗り切れるのが一般的です。産後うつはママの性格によって個人差がありますから、早い人は産後しばらくして女性ホルモンが安定してくれば気持ちが落ち着くようですが、思いつめるタイプの方だと思った以上に長引きます。産後うつが長引きそうな場合は、産婦人科の先生などに相談してみてください。

パパのサポート

ママが産後うつのようなマタニティブルーになったときに、パパのサポートがあればずいぶんラクになります。たいしたことはできなくても、パパに思いやりや優しさがあれば、ママの気持ちがそこまで追い詰められるようなことはないでしょう。パパの仕事が忙しく、慣れない環境でママが一人で子供の面倒を見なければならないような環境の場合に、産後うつは長引きます。このとき、気分転換できるような性格のママなら乗り切れるのかもしれませんが、自分一人でがんばって子供を育てようと考える妻だと、症状が重くなることがあるようです。リラックスして子育てをすることが大切です。パパのサポート

義母の干渉

ママとパパの義理のお母さんとの仲が良ければいいですけど、産後のデリケートな状態のときに義母の干渉が過ぎたりすると、ママの産後うつがひどくなるケースがあります。お孫さんは義理のお母さんにとっても可愛い存在ですが、干渉が過ぎるとお嫁さんの神経を逆なでしてしまうことがあるようです。お嫁さんと義母の関係が良ければ、義母に赤ちゃんを預けてお嫁さんは身体を休めることができるでしょう。しかし、多くのお嫁さんにとって義理のお母さんは気を遣う存在ですから、気を遣わずに接することのできる例の方がまれです。ほどほどに距離を取って付き合っていかれた方がいいかもしれません。

産後の里帰り

お嫁さんの産後の里帰り、実のお母さんであれば義理のお母さんほど気は遣わなくてすみそうなので、身体を休めることができるのではないでしょうか。最近、問題となっているケースは、なんらかの事情で実家に子供を頼めない場合です。また、実の母親だからといって性格によっては頼りにならない場合もあるでしょう。そのような場合は、ママは一人で育児に向き合わなければなりません。頼りになるのはパパだけなのに、そのパパの仕事が忙しく、誰にも相談できない状態となったときに、ママの産後うつの症状は重くなりがちです。ほかにママ友を作るなどの息抜きが必要でしょう。

産後うつはいつまで続くの?

自分一人でがんばりすぎないこと産後うつはいつまで続くかですが、子育てする環境やパパがどこまでフォローできるかが関係してきます。また、ママの性格が真面目か楽天的かでも、かなり違ってくるようです。産後は女性が情緒不安定になりやすい時期だと思って、リラックスして過ごすことが重要です。頼れるものならパパや実家、義母や友人など、育児をフォローしてもらえそうな人を探してみてください。子育てのグチを言い合える友達がいるだけでも、気持ちの持ち方が違ってきます。赤ちゃんを預けることのできる機関などもありますから、自分一人でがんばりすぎないことでしょう。

PR