マタニティブルーの症状にはピークがある!早くさよならする方法
174views

マタニティブルーの症状にはピークがある!早くさよならする方法

マタニティブルーの症状といえば、突然悲しくなって涙を流す、強い不安を感じる、旦那さんや義理母の一言が気にさわってキレるなど情緒不安定な感情から、カラダに不調をきたすものまでさまざま。産後うつなんて言葉もよく耳にするようにもなりました。じつはホルモンバランスの影響もあるのでピークがあるんです!

マタニティブルーはけっして珍しいわけではありません。
妊娠・出産を経験した女性の多くがなんらかのマタニティブルーの症状を感じたことがあるのではないでしょうか?
赤ちゃんは確かにかわいい、かわいいけどなに?この不安、なに?この涙・・・
抑えようと思っても抑えられないこみ上げてくる後ろ向きな感情。
妊娠中や出産後はホルモンバランスが激変し、こころやからだにうつ様の症状が現れることがあります。
マタニティブルーといったり、マタニティブルーズと言う場合もあります。また、産後の場合はベビーブルーと区別したりもします。日本女性は25~50%くらい発症すると言われています(ちなみに欧米の場合は、50~80%)。
イクメンが定着した最近では、この男性バージョンであるパタニティブルーも使われるようになりました。

マタニティブルーの症状

後ろ向きな沈んだ気分とカラダの不調

よく耳にするマタニティブルーの症状は、突然悲しくなって涙を流すというものでしょうか。
この他にも家族の何気ない一言が気にさわって怒る、強い不安に襲われる、子育てに自信が持てないなど情緒不安定の症状があります。
また、誰にも会いたくない、何もやる気がでない、眠れない、食欲がない、疲労感があるなど体調に変化がおこる場合もあります。
このようなマイナスの感情と体調不良が見られ、人によってその程度はさまざまです。
なかには夫に冷たくあたってしまう、妊娠による体型の変化についていけず嫌気を感じるなどもありその症状はとても複雑ですが、どれも気分が晴れない状態でつらいですね。

ピークは産後3日目にやってくる!

マタニティブルーには、ピークがありますのでこれから出産という方は覚えておくと役立つと思います。
通常は産後3日前後にピークがあり、1~2日で自然にその症状が落ち着いてくため特別な治療は必要ありません。
調べると2〜3日がピーク、3〜5日がピークといろいろあり、なかには10日頃までというのもありますし、症状が消えるまで1ヶ月とする場合もあります。
人によっては大きなお腹をかかえるストレスや出産への不安によって妊娠中にも症状が現れる方もいます。
しかし、マタニティブルーは時間が解決してくれる一過性の症状だということを知って下さい。
つまり産後1ヶ月頃から症状が現われたり、1ヶ月以上もマタニティブルーに似た症状が続くようであれば、産後うつを疑い、病院や専門家に相談しましょう。なかにはマタニティブルーが産後うつにそのままスライドする方もいるそうです。

マタニティブルーのピーク

自分ではどうすることも出来ないんです

一番大きな要因は、出産によってホルモンバランスが大きく変わってしまったことです。
それが自律神経に影響して自分ではどうすることもできない感情がわき起こるのです。
また、出産・育児はただでさえ初めての経験が重なり、ストレスが急激に増えます。
さらに加えて睡眠不足にも陥りますし、ほんとに怖いほど小さい命が自分ひとりにのしかかってくるような気持ちになり孤独感にも襲われます。
このようなことが材料となりマタニティブルーとなるのです。

マタニティブルーになりやすい人

こんな性格の人は特に注意して!

責任感の強い人、完壁主義の人は要注意。
マタニティブルーになりやすいだけでなく、産後うつや育児ノイローゼになってしまうこともあるそうです。
前述のホルモンバランスの変化や疲労、ストレスだけでなく、出産によって変わってくる人間関係やとりまく環境によってもマタニティブルーになります。

里帰り出産はマタニティブルーを遠ざける?

精神的に安定できるような環境があるという意味で、里帰り出産の場合はマタニティブルーの症状が軽い、または改善が早いことがあります。
親の強力なサポートによって、慣れない育児だけに専念できるのはやはり心強いです。
わたしの友人で保育園に勤めていた保育のプロでさえも、自分がママになると家事をこなしながら子どものお世話をするのが難しいと言っていました。
里帰りしない場合はなおさら旦那さんの協力が必要ですね。

アロマやフットバス、手軽にできるリラックスを

マタニティブルーの解決方法

よく、旦那さんやシッターにお願いして自分の時間を持つのがいいです、とか言われるのですが、自分の気持ち的にもなかなか難しいのが現実です。
そこでわたしがおすすめするのは、自分に甘くする時間を設ける方法です。
真面目に育児日記をつけたりするのも大事ですが、意識して自分のためにも何かしましょう。できればストレス解消や自分なりのリラックス方法を探していろいろ試すのもいいですね!
大好きな高級チョコを毎日ひとつずつつまむ、日替わりでハーブティーを入れるなど。
ちなみにわたしはアロマに凝りました。
ゆっくりお風呂にもつかれないので、フットバスは母乳にも良くて一石二鳥でおすすめです。
あと、思うように出かけられないためにネットショッピングにはまってしまう人も多いのですが、できれば健康的なストレス解消法を見つけましょうね。

耳の上をぐーるぐーるマッサージ

あと、助産師さんから教わったマッサージにも何度も救われましたので紹介します。
自分でやっても気持ちいいですが、できれば旦那さんにしてもらうのがやっぱりいいと思います。
ちょうど耳の上、耳の付け根あたりをこぶしでぐーるぐーるマッサージします。
引き上げるとき力を入れると気持ちよくておすすめです。
寝不足のときにはとてもおすすめのマッサージで、軽い頭痛も治ります。
ぜひ自分なりのリラックス方法を取り入れて、早くマタニティブルーにさよならしましょう!

PR