産後に目を使わない方が良い 産後の横座りは× 産後にNGなこととは?
275views

産後に目を使わない方が良い 産後の横座りは× 産後にNGなこととは?

産後に目を使わない方が良い、産後は横座りをしてはダメ・・・など産後にNGなことをいろいろ聞きますよね。産後に無理をすると、後々の生活に響いてしまうということもよく言われます。赤ちゃんを産んだ後に、しない方が良いことについてご紹介しましょう。

産後にしてはいけないこととは?

産後に目を使わない方が良いよ、産後は水仕事をしてはダメだよ…などという話をよく聞きます。産後にしてはよくないことについてご紹介しましょう。

産後は目を使わない方が良い

産後は目を使わない方が良い産後は目を使わない方が良いと言われています。これは、産後に目を使いすぎると、頭痛を引き起こす原因となったり、疲れで体がだるくなってしまうことがあるからです。特に、出産から3週間後までの産褥期には、携帯電話やスマートフォン、パソコンを使わないようにし、目を休めることが大切です。

最近は、出産後に赤ちゃんの様子を写真にとって、ブログにアップしたり、メールで送ったりする人が増えていますが、目を休めるためには、そのようなことは避けた方が良いでしょう。産後は母乳やおむつ替えなどの赤ちゃんのお世話で忙しいので、1か月程度して、育児に慣れてきたころに連絡をしても良いのではないでしょうか。

産後は水仕事をしない方が良い

産後は水仕事をしない方が良い古くから日本では産後は家事や炊事などの水仕事は避けた方が良いといわれてきました。これは、昔は洗濯をするときには、大きなたらいに水を入れて、洗濯板を使って洗濯物を洗っていたため、重いものを持ったり冷たい水に触れることがあったからです。

今は、洗濯は洗濯機に衣類を入れて洗剤を入れるだけで自動で洗ってくれます。また、食器も食器洗い乾燥機があったり、お湯で洗うことができるため、冷たい水を長時間使うこということはありません。産後3週間程度は悪露が続くため、なるべく横になって安静にしておきたいですが、産後3週間もゆっくりとしてはいられないという方は、旦那さんや両親の手を借りながら、少しずつ家事を行っても良いでしょう。

産後は同じ姿勢で長時間いることに注意

出産のときは、赤ちゃんが通るため、骨盤が大きく広がります。広がった骨盤は、半年程度かけてゆっくりともとに戻りますが、それまでの間はぐらぐらと不安定な状態となっています。産後に長時間同じ姿勢でいたり、長時間立ったままでいると、骨盤が不安定な状態となってしまいます。座るときにも足を組んでしまうと、骨盤が歪んでしまうことにつながりかねません。産後は長時間立ちっぱなし、同じ姿勢のままでいることは避け、骨盤の緩みに注意をして歩くようにしましょう。

また、産後に重い物を持つことも控えるようにしましょう。重たい物を持ってしまうと、骨盤に負担が掛かってしまいます。産後の骨盤は緩んでいるため、変な風に癖がついてしまってはいけません。重い物を持つことによって、腰痛の原因にもなります。骨盤がぐらぐらで歩くのが怖いという方は、とこちゃんベルトを利用するのも一つの方法でしょう。

トコちゃんベルト(トコちゃんドットコムより)

http://tocochan.com/products/list.php?category_id=123

産後すぐのダイエット

産後すぐにダイエットをするのはやめておきましょう妊娠で太った体を元に戻そうと、産後すぐにダイエットをするのはやめておきましょう。産後は赤ちゃんの母乳をつくるために、しっかりと栄養補給をしなければいけません。母乳をつくるためには、よく食べてしっかりと睡眠をとることが大切です。食べずにダイエットをしてしまうと、貧血状態になって脳に酸素が行き渡らなくなることもあります。産後は自分の体と赤ちゃんのことを第一に考えて、無理なダイエットをすることはやめておくようにしましょう。

PR