えっ?出産後は自然に体重が落ちないの?産後太りの効果的な対策法とは?
68views

えっ?出産後は自然に体重が落ちないの?産後太りの効果的な対策法とは?

産後太りの効果的な対策法がありました。出産後は、子宮の大きさもだんだん元に戻り、半年ぐらいをかけて出産前の体重や体型に戻ると言われていますが、中にはなかなか痩せられないという方もいるかもしれません。骨盤の歪みを矯正したり、産後の食事を見直すことで産後太りを解消することができます。

産後太りの効果的な対策法は基本は食事方法

えっ?自然に痩せていくわけではないの?

産後太りの効果的な方法

出産後は自然に体重が元に戻るって言うけれど、現実はそう甘いものではありません。産後は生まれてきたばかりの赤ちゃんのお世話などで、かなり育児ストレスがたまります。また生まれてから一か月の新生児の時期の赤ちゃんは短時間ごとに寝たり、起きたりを繰り返すため、ママも睡眠不足になってしまいます。ここで育児ストレスと疲れなどで体重がグッと落ちればよいのですが、ストレスで食べてしまい産後太りに悩まされるママもいます。母乳育児をしているママは赤ちゃんに栄養分を取られるため、お腹がものすごく空くため、いつも以上よりも食べてしまうことが原因で、なかなか痩せられない場合もあります。食べた物を毎日カロリー計算することは大変ですので、食事内容と体重だけを手帳に書き込んでいくと、自分で体重変化に気が付きやすくなります。

やはりきちんと三食食べることが大切

産後太りには規則正しい食事が一番

多くの女性が出産後は赤ちゃんのお世話で、自分の身の回りのことが後回しになってしまうのではないでしょうか。確かに出産入院後、赤ちゃんを連れて自宅へ戻ると、新生児のお世話と家事でなかなか自分で料理を作る時間もなくなってしまうのではないでしょうか。とりあえず簡単に済ませようと思い、菓子パンやカップラーメンで済ませてしまうと、いつの間にかカロリーオーバーになってしまうこともあります。そこで赤ちゃんが寝たちょっとした隙に、常備菜を作り置きしておくとよいでしょう。ご飯はまとめて炊いて一食分ずつラップにくるんで冷凍保存をしておくとよいでしょう。これなら、忙しくても、レンジで温めれば、規則正しく一日三食いただくことができます。野菜の煮物などを大量に作っておき、小分け用の小さなタッパーに入れて保存しておくと毎日のおかずにも困りません。

妊娠中に広がり歪んだ骨盤を引き締めよう

母子手帳の産褥体操が骨盤引き締め効果がありました

産後太りの効果的な対策方法として、骨盤を引き締めると産後痩せすることができます。産褥体操とは、産後に行う体操のことで、布団の中で簡単にできる体操でもあります。子宮を元の大きさに戻す手助けをしてくれる効果がある他にも、骨盤の位置を整えてくれる効果があります。

寝たまま足の爪先を5センチ上げるだけ!

誰にでもできる骨盤を引き締める体操をご紹介します。まずマットや布団の上で仰向けに寝ます。この状態で、足の爪先部分を内側にし、足の親指が重なるようにします。この状態で足を床から5センチほど上げ、30秒間キープします。骨盤が引き締まり、骨盤や子宮周りの筋肉、下腹部の筋肉が鍛えられるので、気になるお腹周りの脂肪を落とすことができます。

整体で骨盤の歪みを取ってもらっても!

産後太り解消で整体利用

妊娠中や分娩によって骨盤や背骨にかなり歪みがでてきます。そこで、出産一ヶ月後ぐらいの落ちついた時期に整体に通ってみてはいかがでしょうか。歪みを取ることによって骨盤が引き締められていきます。また妊娠中はどうしても大きくなっていくお腹のせいで、姿勢が歪み、前かがみになった状態が続きます。産後もその姿勢が癖になってしまうため、背骨が歪んでいることもあります。歪みを取ることで、内臓の位置も正常な位置へ戻るため、体調がよくなり、基礎代謝率もアップするため、産後太りの効果的な対策としてかなり有効です。

姿勢を正しく

産後太りには正しい姿勢が大切

一番簡単な産後太りの効果的な対策は、とにかく姿勢を正すことです。姿勢を正すには、背筋と腹筋が必要になるため、お腹の肉と背中の肉がどんどん鍛えられていきます。筋肉が鍛えられていき、増加した筋肉によって基礎代謝も上がるため、さらに痩せやすくなります。赤ちゃんを抱っこすると、姿勢が前かがみになるので、意識して背中を伸ばすようにしたいものですね。

PR