産後ダイエットは授乳中が痩せ時!授乳期間をうまく利用して成功させよう!
124views

産後ダイエットは授乳中が痩せ時!授乳期間をうまく利用して成功させよう!

産後ダイエットは授乳中が成功時であることをご存じでしょうか。母乳はママの血液で出来ているため、授乳中は母乳だけで一日500キロから600キロぐらい余分なカロリーが必要なのです。毎食の炭水化物の量をいつもより少し減らすだけで、妊娠中に増えた体重を減らすことが可能なのです!

産後ダイエットは授乳中が成功の時!

産んだらすぐに痩せれるわけではない!

産後ダイエットの授乳中

産後ダイエットは授乳中から行うと成功しやすいことをご存じでしょうか。出産後、やはり気になるのは妊娠中に増えてしまった体重や余分な脂肪です。赤ちゃんを産んでも、産んだ直後はすぐにお腹が戻るわけではありません。子宮が収縮するのには時間がかかります。病院で出産をし、退院する頃、まだお腹は臨月と同じくらいのママもいるかもしれません。産んだらすぐにお腹が引っ込むわけでもなく、体重が急激に落ちるわけでもありません。半年ぐらいで自然に体重は落ちますが、それ以降はやはり本人の努力が必要なのです。お腹周りやお尻、太ももにこびりついた脂肪は、やはり食事制限をしたり、運動をしたりして落としていかなければなりません。

母乳をあげると、子宮を収縮させる効果が!

産後ダイエットの授乳効果

赤ちゃんにおっぱいを上げると、それが刺激となり、子宮を収縮させてくれる効果があります。出産寸前の子宮の大きさは、元の千倍の大きさだと言われています。完全に元の大きさに戻るのは6週間から8週間ぐらい必要です。でも母乳育児をしているママの場合だと、子宮の収縮のスピードが速くなり、子宮の回復力も高まっていきます。そのため、産褥期の時期は、赤ちゃんにおっぱいをあげるたびに子宮部分に痛みを感じるママもいることでしょう。

母乳を作るには600キロから800キロカロリー必要

母乳は、ママの血液からできています。そのため、赤ちゃんに母乳をあげるにはいつもの食事の量と余分に600キロカロリーから800キロカロリーが必要になります。ちょっとお腹は空きますが、産後ダイエットは授乳中を利用して行えば、産後の体型戻しが簡単に出来るのです!

炭水化物の量を少し減らし、栄養バランスをよく!

カロリーをただ減らせばよいというものではありません

産後ダイエットはダ太しい食事をとることが重要

授乳中のダイエットは、総合カロリーが低ければいいというものではありません。ただやみくもにカロリーを減らしても、栄養バランスが悪ければ、母乳の質が悪くなってしまい、赤ちゃんに十分な栄養をあげることができないからです。特に出産入院後、自宅へ戻るとママは超多忙な時期を送らなければなりません。新生児の時期は、赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返すため、ママも睡眠不足になり、何か食べようと思っても料理をする暇もないかもしれません。そんなとき、ついつい伸びてしまうのが、インスタント食品やスナック菓子ではないでしょうか。こうした食品には塩分や脂質がたくさん含まれているため、十分な栄養分が含まれた母乳を作り出すことができません。赤ちゃんによい母乳をあげるためには、きちんと栄養バランスを考えた食事をとらなければならないのです。

野菜多めの煮物を中心に!

食事はあっさりめの和食を中心に栄養バランスを考えて三食しっかりといただきましょう。炭水化物の量を少し減らすだけで、カロリーを落とすことができます。カロリーの少ない野菜多めの煮物をたくさん食べ、お茶碗に少なめに盛られたごはんを一膳食べるようにしましょう。母乳の出をよくするには、スープやお茶などの水分も多めに取るようにしましょう。授乳期間中は、いつもよりも少しだけごはんの量を減らすだけで、ラクラク産後ダイエットができます。

子供が1歳になったら公園で親子で遊ぼう!

産後ダイエットで公園へ遊びに行く

子供が1歳を過ぎると物凄く動き回るようになります。この機会を利用して、公園や児童館などに出かけて、子供と楽しみながらたくさん動き回りましょう。毎日続ければ、授乳に取られるカロリーと運動消費カロリーでかなり痩せられます。

PR