出産したのにつわり?産後の吐き気や頭痛の原因と改善法
13,489views

出産したのにつわり?産後の吐き気や頭痛の原因と改善法

もう出産したのに、気持ち悪くなったり、頭が痛くなったりとつわりみたいな体調不良を感じることがあります。こういった産後の肥立ちが悪いのはなぜなのでしょうか。産後の吐き気や頭痛の原因、改善方法までまとめました。

出産して日が経つのに吐き気

「出産してけっこう日が経つのに、つわりみたいに気持ち悪くなったり、頭痛が起きたりする・・・。」

そんな不快な症状に悩まされる女性が案外少なくありません。
もう出産したのに、またつわりになるなんて、本当に嫌ですよね。なぜこんな症状が起きるのでしょうか?

産後1カ月は、どれだけ安産だった方でも休養が必要と言われています。出産はママの身体を酷使する作業なので、産後の肥立ちが悪くならないようしっかり休んだ方がその後の回復が早くなるためです。

しかし、半年、一年と出産してからけっこう日が経つのに、いまだ身体がだるかったり不調を訴えるママがいます。

産後の回復に時間がかかるのはなぜでしょうか?以下では産後の吐き気や頭痛について原因と改善方法をご紹介します。

産後の吐き気や頭痛の原因とは?

ストレス過多が原因かも

産後の吐き気や頭痛の原因

出産したのに、つわりみたいな吐き気の症状を訴えるママがいます。さすがに妊娠中のように毎日気持ち悪くなるわけではありませんが、毎週のように吐き気がするというママもいます。

産後に吐き気を感じるのは、主にストレスが原因と考えられています。初めての出産だったり、上の子の面倒を見ながら赤ちゃんのお世話をしたりしていると、ママは休まることがありません。

赤ちゃんが生まれてこの上なく幸せな反面、やはり子育てに追われると心身ともに大きな負担がかかります。そういったことがストレス過多になり自律神経が乱れて吐き気を催すことがあります。

骨盤のゆがみが原因かも

産後の悩みの一つに骨盤のゆがみがあります。医学用語では「骨盤輪不安定症」と言いますが、骨盤がゆがむと、頭痛や腰痛、尿漏れなどさまざまなトラブルを引き起こします。

産後に起きるほとんどの不快症状は、この骨盤のゆがみに起因している、といっても過言ではありません。

産後うつなのかも

「産後うつ」
これは多くの人が聞いたことのある症状でしょう。出産して幸せなはずなのに「産後うつ」なんて、本当にショックですよね。

しかし、けっして他人事ではありません。初めての育児で悩んだりどうしたら良いのか分からなくなってパニックになってしまうことは誰にでもあります。

最近は核家族化が進んで、近所に相談する人もなく、ママが一人で抱え込んでしまうケースも少なくありません。

こういったことが産後うつを引き起こし、吐き気や頭痛、不眠などを引き起こすことがあります。

産後の吐き気や頭痛を改善する方法

まずはリラックスが必要

産後の吐き気や頭痛の緩和法

ストレスが溜まって自律神経が乱れ、吐き気や頭痛を感じている人は、まずはリラックスすることを心掛けましょう。

赤ちゃんのお世話をしている時には、「おっぱい飲ませなくちゃ」「掃除もしないと」など、家事や育児に追われがちです。

もちろん赤ちゃんのことを一生懸命に考えているからこそ、あれもこれもやってあげたいと思うですが、そうはいってもママの身体は一つ。出来ることにも限界があります。

もう少し自分を甘やかしてみてやるべきことは必要最低限に減らし、ゆっくりとリラックスできる時間を作ってみましょう。

骨盤ベルトを着用しよう

骨盤のゆがみは頭痛や腰痛などさまざまな不快症状を起こしますが、痩せにくい体質にもなってしまいます。開いてしまった骨盤を戻すには骨盤ベルトが効果的なので、お風呂以外は付けっぱなしにして産後3か月くらいは使うようにしましょう。

産後うつは誰かに相談しよう

産後うつかもと思ったら、パパや親などに相談しましょう。話を聞いてもらうだけでも楽になります。

相談する人がいなかったら、心療内科を受診するのもひとつです。一人で抱え込むことが一番良くありませんので、SOSやヘルプを出しましょう。

PR