産後頭痛の原因はなに?気持ちよく赤ちゃんをお世話するための対処法
29views

産後頭痛の原因はなに?気持ちよく赤ちゃんをお世話するための対処法

産後頭痛の原因はひとつではなく、あらゆる要素が絡み合っている場合が多いです。例えば妊娠出産にともなう骨盤のゆがみ、新生児の慣れないお世話、ホルモンバランスの乱れなど。頭痛があると一日中になる赤ちゃんのお世話もつらくなってしまうので、ここでは頭痛の原因にあわせて上手な対処法を解説します。

産後頭痛の原因

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れるために頭痛も…出産を終えると今度は体を元に戻すための働きが始まります。子宮を元の大きさへ戻したり授乳のために母乳をつくる働きを促したり。さまざまな変化は女性ホルモンによって引き起こされますが、ホルモンバランスが崩れるために頭痛などの体の症状や、涙もろくなる、不安で仕方ないなどの精神的な症状が現れることもあります。

育児ストレス

初めての育児では、24時間新生児のお世話に付き合うことが大きなストレスに感じることも少なくありません。赤ちゃんの泣き声に振り回されたり、家族や周囲の人からの協力が得られなかったりすると、大きなストレスになり頭痛が起きる可能性があります。

骨盤のゆがみ

出産のときには赤ちゃんがスムーズに産道を通って生まれるために靭帯がゆるみ、骨盤も開きます。出産を終えたあとはニッパーなどで骨盤の開きを元に戻すようケアをしていきますが、すぐに元通りにはなりません。体のバランスが崩れた状態にあるため、頭痛を引き起こすことも。

体のコリ

慣れないうちは体中がこってしまいます授乳をはじめ、赤ちゃんの抱っこをする機会が多くなると慣れないために体中がこってしまいます。特に赤ちゃんの抱っこに慣れていない頃は全身に無駄な力が入るうえ姿勢も悪くなりがちです。授乳回数は生まれたばかりであれば特に多いので、体にコリがおきないような工夫が必要になります。また、コリがひどいと頭痛がおきるだけでなく母乳の出にも関わってきます。

産後頭痛の対処法

よく休む

出産の大仕事を果たした体はボロボロの状態のため、ゆっくりと休める必要があります。産後1か月はいつでも横になれる環境を用意しておき、赤ちゃんが寝たら一緒に休みましょう。無理して寝ている間に家事などを済ませようとすると逆に体がなかなか元に戻らず、頭痛などに悩まされることになってしまいます。
眠れなくても横になるようにしましょう。

育児経験者に相談する

お世話の悩みを聞いてもらおう自分の母親や姉妹、子供がいる友人などにお世話の悩みを聞いてもらうことも心がすっきりする方法のひとつ。経験者から困ったときの対処法を聞くことで、どうすればいいのかわからない不安が軽くなるはずです。
相談相手には、この人なら話したいと思う人を選びます。最近出産を経験した人の方が参考になる情報がみつけやすいでしょう。

産後整体へ通う

骨盤のゆがみも産後の頭痛を引き起こす原因のひとつのため、整体院などでバランスを調整してもらうと具合がよくなる場合もあります。開いたままの骨盤を放置すると、自然に閉じれば良いですが年齢を重ねたとき体の不調が現れる可能性がないとはいえません。
整体院の選び方は、産後の骨盤調整に対応していると明示されているかどうかがポイントです。実績や経験がホームページで書かれていたり、知人から紹介を受けたりすると安心でしょう。中には託児の用意があるところや家族も一緒に入って赤ちゃんをみていられるところもあります。

コリをほぐす

家族やプロにほぐしてもらいましょう抱っこで肩がとてもこった、体中が筋肉痛になったなど体の疲れを家族やプロにほぐしてもらいましょう。コリは筋肉が硬くなった状態のため、頭痛の心配だけでなく血流が悪くなり母乳の出にも影響します。
家族が忙しくてお願いしづらい時にはマッサージ店や整体院へ行くのも一つの方法です。ただし、お店によって腕がまちまちのため評判をよく調べてから出かけた方が安心でしょう。

PR