【産後ママのトラブル】分娩後脱毛症の原因・対応策・予防策について
30views

【産後ママのトラブル】分娩後脱毛症の原因・対応策・予防策について

産後も妊娠中と同様に女性ホルモンのバランスが乱れている場合が多いです。特に、産後授乳をしているママにとって、母乳を通じて栄養分を赤ちゃんに吸い取られているところに加えて、母乳を作るためにホルモンバランスが乱れて分娩後脱毛症になってしまうことがあります。分娩後脱毛症の原因や対応策についてまとめました。

分娩後脱毛症とは?

分娩後脱毛症のトラブル

出産を経て、赤ちゃんを育てているときにいきなり髪の毛が抜けることは多くあります。ただし、今までになく髪の毛の抜ける量が多い場合、それが薄毛になっていくようになります。女性にとって、髪の毛が抜けることはショックですよね。では、一体分娩脱毛症とはどういったものなのでしょうか?

分娩後脱毛症のメカニズム

分娩後脱毛症の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れによるものです。なかなか気が付かないかもしれませんが、赤ちゃんが生まれる間際の臨月は、女性ホルモンが多くなります。女性ホルモンは、髪の毛を増やす、抜けないようにする働きがあります。臨月の女性が毛深くなると言うのはそういった理由からです。本来なら、髪の毛が抜けるサイクルだったのにも関わらず、赤ちゃんが生まれるために、女性ホルモンが増えて、ヘアサイクルがずれてしまいます。このずれたサイクルが、出産後にやって来て、一気に抜けてしまうということが、分娩後脱毛症になります。

抜けた髪の毛はいずれ生えます

分娩後脱毛症の経過

分娩後脱毛症のメカニズムからも分かる通り、「髪の毛が生える→成長する→抜ける」のサイクルがずれて、産後にいきなり抜けただけでありますので、順当にいけばいずれ髪の毛は生えてきます。ただし、一気に抜けてしまったために、どうしても薄毛になったような感じになってしまいます。しかしながら、その時期を越えれば、抜けた髪の毛は生えてくるので、その時期を待つことが大切です。だいたい半年から1年の間に通常のヘアサイクルに戻ると言われていますので、様子を見ていきましょう。

髪の毛を生やすためにできることは?

分娩脱毛症で髪の毛が抜けてしまうために、早くに髪の毛が生えるようにすると思います。育児や授乳で忙しいママではありますが、髪の毛が早く生えるためにどういったところを心掛ければよいでしょうか?

ストレスを抱えないこと

慣れない育児や睡眠不足などで、ストレスを抱えることが多くなります。髪の毛を成長させたり、早く生やすためには、ストレスを抱えないように心掛けることが大切です。

睡眠を十分にとること

まだまだ生活のリズムが安定していない赤ちゃんを育児しているので、長時間の睡眠を一気にとるというようなことはなかなか難しいと思います。髪の毛を生やすということだけにフォーカスするならば、ある程度のまとまった睡眠をとることが大切です。しかしながら、そういったことが難しいのであれば、家族などの周りの人に手助けてしてもらう、ヘルパーを頼む、そのときだけ赤ちゃんにミルクを飲んでもらうなどの工夫をして、まとまった睡眠を得ることができるように心掛けることも大切です。

栄養バランスのとれた食事を摂ろう

分娩後脱毛症の対策

栄養バランスのとれた食事は、母乳育児をしているママにとっても大切なことです。100%完璧でなければならないわけではなく、そういった心掛けを持つだけでも、食卓に並ぶ食事は変わってくるのではないでしょうか?出来れば、髪の毛によいカルシウム、そして大豆などのタンパク質を摂るように心掛けるようにしましょう。これらの栄養素は、ママの髪の毛だけではなく、赤ちゃんにとっても良いものになります。

PR