分娩後脱毛症の症状は半年から1年でおさまります!
33views

分娩後脱毛症の症状は半年から1年でおさまります!

分娩後脱毛症の症状は出産後、女性ホルモンのバランスが一時的におかしくなり、毛周期も同時に乱れてしまいます。それが原因で、休止期に入った髪が、一時的に大量に抜け落ちてしまうのです。半年から1年ぐらいで毛周期が元に戻ります。

多くの女性を悩ませている分娩後脱毛症とは?

分娩後脱毛症の症状とは

分娩後脱毛症の症状

出産後、いつも通りに髪をブラッシングしたり、洗髪をしていると、髪が抜け落ちる量があまりにも多くて、ギョッとすることもあるのではないでしょうか。これは分娩後脱毛症の症状の一つです。出産後の抜け毛は多くの女性が直面する問題でもあります。

何故髪が抜け落ちるの?

分娩後なぜ髪の毛が抜け落ちるのか

分娩後脱毛症の症状は、部分的な脱毛ではなく、頭皮全体の髪が一時的に抜け落ちるので、髪の量が急に減ったように感じます。また出産後にホルモンのバランスが悪くなったせいで、女性ホルモンと大きな関わりのある毛周期が休止期に入ってしまうため、髪が抜け落ちる時期と重なり、一時的に髪の量が少なくなってしまうのです。

一時的にびまん性脱毛症になります

妊娠中は女性ホルモンの働きで、髪の量も増え、ふさふさだった方も、出産後は髪全体が一時的に薄くなるため、かなりショックを受けるのではないでしょうか。頭皮の一部だけではなく髪全体が抜け落ち、全体が薄くなる症状をびまん性脱毛症と呼びます。分娩後の脱毛症の症状で多いのが、このびまん性脱毛症といえるでしょう。

新生児のお世話と家事で睡眠不足、ストレスがたまる!

分娩後脱毛症の原因

病院から出産退院後、自宅へ戻るとママは忙しい日々に翻弄されることになります。まず新生児のお世話をしなくてはいけません。生まれてから一か月ぐらいの間は、赤ちゃんもママのお腹から出てきたばかりの頃なので、赤ちゃんにとっても大変な時期でもあるのです。泣いたり、寝たり、おっぱいを飲んだりを繰り返すのですが、2時間ごとに泣いては起きることを一日繰り返しているため、ママの方もだんだん疲れてきてしまいます。特に夜中は赤ちゃんはまとまった睡眠をこの時期取らないため、夜一睡も出来ないというママもいるかもしれません。また赤ちゃんのお世話だけではなく、家事や家族の世話なども重なると、ママにとってはかなりの負担とストレスが溜まってくるのです。そのため、分娩後脱毛症の症状はさらに悪化してしまうこともあります。生後一か月過ぎると、赤ちゃんも夜まとまった睡眠を取ってくれるようになるので、だいぶ楽になります。

出産後は抜け毛が進行しやすい時期!

出産後は抜け毛がさらに悪化しやすい時期でもあります。出産後は、精神的にも不安定になりやすい時期でもあり、育児ストレスと睡眠不足、さらに加えて精神的にナーバスになってしまうため、物事をくよくよと考えがちになってしまう傾向があります。産後うつになりやすい時期でもあるので、注意が必要です。精神的な問題で、びまん性脱毛と円形脱毛症を同時に併発してしまうこともあります。

一時的なものだと考え、気にしないこと!

分娩後脱毛症の改善

分娩後脱毛症は一時的なものなので、くよくよ考えずに明るい気分で過ごしましょう。(悩むと酷くなります)

抜けた髪を早く増やすには

抜けた髪をどうにかしたい!と思うのなら、出産後の乱れたホルモンが元の状態に安定するようにしましょう。ホルモンバランスを整えるには、できるだけ起きる時間や寝る時間を一定にすること、そして栄養バランスの整った食生活を続けることです。またできるだけストレスをためないようにすることが大切です。またできるだけ家族に手助けしてもらい、甘えることも大事です。

PR