食べてないのに太る?!産後太りの原因は骨盤の歪み?睡眠の質の低下?
170views

食べてないのに太る?!産後太りの原因は骨盤の歪み?睡眠の質の低下?

出産の後に太ってしまういわゆる産後太り。この産後太りの原因は食べ過ぎなどの食生活によるものよりも、骨盤の歪みや睡眠の質に問題があるといわれています。それというのも一般的に産後は睡眠の質が低下しがちだからです。眠りが浅い分、長い時間寝ることは自然に骨盤を閉めることにもつながります。

産後太りの原因は食べ過ぎ?

産後太りの原因は食べ過ぎ

「出産後は母乳で育てるとすぐに痩せる」、「妊娠して太った分は痩せやすい脂肪だからすぐに落ちる」、などなど産後に痩せるという理論は多く存在します。

しかし、中には出産後でもまったく体重が減らず、むしろ太ってしまうという産後太りを経験する女性も少なくありません。
「こんなはずじゃなかった!」、「産後3ヶ月もすれば元に戻ると思っていた」など産後に体型が戻らずに困っている人も多いようです。

これらの人の多くは食べ過ぎることが原因だと思われがちですが、本当にそれだけでしょうか?

確かに妊娠中に知らず知らずのうちに増えていた食事量や間食に心当たりがあるのならそれを減らすだけでもかなり効果があるでしょう。しかし、「食事量は増えていない、むしろ減っている」という場合にも産後に太ってしまう可能性があるのです。

食べていないのに太るなんて不条理も甚だしいことですが事実です。
このように食事量が減っていても産後に太ってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

食べ過ぎていないのに太る原因3つ

【1】骨盤の歪み

最近では出産前から骨盤を緩めるマタニティヨガを推奨する病院も多いため、多くの人が出産前後の骨盤の状態を気にするようになってきました。
というのも、産後の骨盤の歪みは出産直後の体重増加や体型の乱れなどの原因になるだけでなく、この時期に骨盤をきちんと正しい位置にしておかないと中年以降の体型や体調に影響することがわかってきているからです。

そのため、産後は骨盤を正しい位置にする整体やヨガを積極的に行うことが大切です。しかし、このとき、ただ骨盤を閉めることばかりしていても骨盤の歪みは改善されません。骨盤にとって大切なのは柔軟性があること、左右均等に動くことです。

とくに間違った骨盤体操は閉めるだけや開くだけなどのどちらかばかりを行うもの、朝でも夕方でも同じプログラムのものなどです。午前中は骨盤を閉めて終わり、夕方以降は骨盤を緩めて終わるのが正しい方法です。
また、左右対称であるように自分で調節できるように指導してくれる教室を選ぶことも大切です。

【2】骨盤底筋の弱り

産後に食べていないのに太る原因は骨盤底筋の弱り

産後に太る原因として骨盤底筋が弱っている人も多いようです。以前は骨盤底筋が弱るのは中年以降、30代中盤以降の女性に多いものでしたが最近では20代前半でも産後に骨盤底筋が弱い為に体型が乱れたり、太ってしまう人が多いようです。

この骨盤底筋を鍛えるためにはバランスボールなどを用いたエクササイズや正しい姿勢で1時間ほど座るといった方法で簡単に改善することがわかっています。このとき、おしりに力を入れてお尻の穴を締めることを意識するとより効果が高くなります。また、この方法は産後の尿もれの防止にもなります。

【3】睡眠不足

産後に十分な睡眠がとれない場合にも太る原因になります。というのも、睡眠が浅い、睡眠時間が短いなどは食欲を増進させる要因になると言われているからです。もっとも、ホルモンバランスによって産後は多くの女性で睡眠が浅くなりがちです。

そのため、眠りが浅い分、長く寝る必要があるのです。また、長く眠ることで骨盤が徐々に自然に閉まるので産後の女性にとってベッドの上で長い時間過ごすことはとても重要なことです。できれば、産後ひと月は家事などをせずに授乳などの他は基本的に寝ているだけという環境を整えるようにしましょう。

母乳で痩せるのはホルモンのおかげ!

産後に母乳で痩せるのはホルモンのおかげ

最近では母乳信仰と呼ばれるほど、母乳が赤ちゃんの発育にとって重要であるという考えが広まっているようです。さらに、母乳で育てると痩せる、と言われています。
確かに母乳をあげていると痩せやすくなることは事実です。この原因として母乳を体内で作ることにエネルギーが消費されるからだという考えがあります。

しかし、実際には多くの母乳量を出すというよりも赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで分泌されるホルモンの作用の方が大きいようです。このため、例え母乳の出が悪くても痩せる効果を狙うなら赤ちゃんにおっぱいをくわえてもらう習慣は有効かも知れません。

PR