溶連菌は妊婦が感染しても無自覚!普段の生活から免疫力の向上が大切☆
320views

溶連菌は妊婦が感染しても無自覚!普段の生活から免疫力の向上が大切☆

比較的ありふれた雑菌である溶連菌は妊婦が感染することで流産の要因になったり胎児の健康を損なう恐れがあるので注意が必要な菌です。出産前に検査をして保菌の有無を感染することで被害を最小限にすることができます。菌への抵抗力を上げるために普段から健康的な生活を心がけることが大切です。

溶連菌は妊婦に危険?自覚症状はある?

妊娠中に溶連菌に感染すると流産の原因になることがあるため、妊婦はなるべく免疫力を高めることが望まれます。

この溶連菌は妊婦の健康を脅かすものとして、有名な菌ですが基本的には感染しても症状がでることはないため、感染に気づかない場合の方が多いようです。
例えば、この菌がのどなどで繁殖すると高熱やのどの痛みなどを発症しますが、腸内や膣内にいるときにはこのような症状がでることがありません。

それほど珍しくない溶連菌

妊娠中の溶連菌に感染

この溶連菌は比較的、一般的な菌で成人の男女3割の確率で保菌していると言われています。大抵は腸内におり、安全な菌ですが、腸から膣内に入ることがあります。そのため、妊娠中の1割の女性のおりものにも存在することがわかっています。

溶連菌への感染はいつ調べるの?

この溶連菌に感染しているかどうかは、病院で検査することですぐにわかります。最近では妊娠中期と後期に検査をして感染の有無を確認することが多くあります。とくに妊娠後期では感染によって出産方法を決定する場合もあります。

溶連菌が胎児に感染することもある?

溶連菌をこれほど気にするのは胎児への影響が大きいためです。胎児は雑菌に対する抵抗力が弱いために、溶連菌のようなありふれた菌でも命を落とすことがあります。溶連菌を含むあらゆる雑菌から胎児を守ってくれるのは羊水です。

この羊水があるために母体が溶連菌に感染しても、胎児は無事でいることができます。しかし、なんらかの理由で膣内に入り込んだ溶連菌が羊膜に辿り着いた場合には破水や流産の原因になるので注意が必要です。

感染していたら帝王切開は必須?

溶連菌に感染したら帝王切開なのか

溶連菌から胎児を守るために、溶連菌に感染した妊婦は経膣分娩ではなく帝王切開を勧められることがあります。これは経膣分娩の際に膣内にいる溶連菌に胎児が触れてしまう可能性があるからです。

しかし、出産中に抗生剤の点滴を受けることで溶連菌の感染リスクを減らすことができるため、妊婦が溶連菌に感染していても帝王切開が必須というわけではありません。
希望する出産を医師と相談しながら安全に出産する方法を模索していきましょう。

普段の生活から免疫力を高めることが大切!

溶連菌の含む、あらゆる雑菌が体内にいることは防ぎようのないことです。また、これらの菌がすべていなくなっても人は生きていけません。とは言え、体内に雑菌が繁殖しすぎて健康を損なうことがないように健康的な生活を行うことは不可欠です。

睡眠、休息、運動も不可欠!

体内の菌に対抗するためには抵抗力、免疫力を高めることが何よりも大切です。このために必要なのは睡眠や休息など心身を十分に休ませることです。

そして適度な運動も大切です。とくに日光を浴びながら行う有酸素運動は免疫力を高めるホルモン分泌を促し、睡眠の質を高める効果もあるので一石二鳥です。

真実?迷信?アルカリ食品

溶連菌の感染予防は普段の生活が重要

さらに大切なのが食事です。最近ではアルカリ性の食品が体内の菌に効果的だと言われていますが、一部では迷信であるとの意見も出ています。これらの真偽のほどが置いておいても、日本の伝統的な食事である和食の多くはアルカリ性食品であることがわかっています。

例えば、味噌、玄米、梅干しなどです。また、最近の研究ではミネラルやビタミン類の豊富なものは体内でアルカリ性になるということから、栄養価の高い食事にすることで結果的にアルカリ性の食品が多くなる、ということもわかってきました。

PR