絨毛膜下血腫とはどんな状態?妊娠初期の出血について
19,479views

絨毛膜下血腫とはどんな状態?妊娠初期の出血について

妊娠初期の出血の原因の1つに絨毛膜下血腫が挙げられます。あまり聞き馴染みの無い言葉ですが、珍しいことではないようです。では、絨毛膜下血腫とはどんな状態なのでしょうか?妊娠初期に心配な流産との関係性についてもまとめています。

妊娠初期の出血

妊娠初期の出血

妊娠初期は何かと不安が付き物ですよね。中でも心配なのが、出血です。妊娠初期の出血=流産をイメージする人も多いでしょう。実際、流産は約15%の確率で起こるため、他人事ではありません。しかし、妊娠初期の出血=必ずしも危険とは言い切れません。中には出血をしても妊娠を継続できるケースもあります。

妊娠初期の出血の原因の1つとして考えられるのが、絨毛膜下血腫です。絨毛膜下血腫とは切迫流産に含まれる症状で、流産しやすい状態です。ただし、流産したわけではないため胎児の心拍が確認できれば妊娠を継続することが可能です。症状としては、出血の他にお腹の張りを感じることがあるようです。しかし、人によってはお腹の張りを感じないこともあります。

絨毛膜下血腫の原因と治療法

絨毛膜下血腫は、胎盤が作られる段階で子宮を包んでいる絨毛膜の外側に血液が溜まってしまった状態です。特に子宮口の近くに絨毛膜下血腫ができた場合、出血しやすくなってしまいます。絨毛膜下血腫による出血は鮮血のため、流産を心配する人も多いようです。このように万が一妊娠初期に出血した場合、絨毛膜下血腫か流産かを自分で判断することはできません。早急に産婦人科で診察を受けましょう。

絨毛膜下血腫は妊娠初期に起こりやすく、安定期に入ると自然に消滅することが多いようです。そのため、特に病院での治療をすることはありません。ただし、お腹の張りを感じる場合には医師の判断で張り止めの点滴をすることもあるそうです。

妊娠初期の出血絨毛膜下血腫の原因と治療法

前述したように絨毛膜下血腫の場合、病院での治療は特に行われません。ただし、安静にすることが重要になります。絨毛膜下血腫は切迫流産の1つなので、安静にして様子を見ることが1番の治療法なのです。万が一絨毛膜下血腫と診断された場合は、トイレ以外はベッドで安静に過ごしましょう。医師の判断によっては、入院ではなく自宅療養となることもあります。この場合は旦那さんや家族の協力を得て、安静にすることを心がけましょう。

絨毛膜下血腫は大きくなると胎児を押し出してしまう危険性があります。そのため、血腫が大きくならないよう安静にして過ごしましょう。絨毛膜下血腫は、安静にしていればそのほとんどが子宮に吸収されます。流産の危険性が少なからずあるため不安を感じることが多いですが、安静にして血腫が吸収されるのを待ちましょう。安定期に入って絨毛膜下血腫が子宮に吸収されれば、普段通りの生活を送ることができます。

安定期になっても症状が改善しない場合

多くの場合は安定期に入ると絨毛膜下血腫の症状が改善します。しかし、人によっては安定期に入っても症状が改善しないケースもあるようです。このような場合に心配されるのが、前置胎盤や常位胎盤早期剥離です。それぞれ、どのような状態なのでしょうか?

妊娠初期の出血改善しない場合

前置胎盤とは、胎盤が子宮口の近くにできる状態を指します。この場合、胎盤が子宮口を塞いでしまうことも考えられます。前置胎盤は健診でも特定しづらいとされていますが、出血など何らかの異常があった場合にはすぐに産婦人科を受診しましょう。前置胎盤の場合、子宮口が塞がっているため帝王切開での出産となります。

常位胎盤早期剥離とは、お腹の中に胎児がいるうちに胎盤が子宮から剥がれてしまう状態です。胎盤は胎児に血液や酸素を送っているため、剥がれてしまうと胎児の命の危険に関わってしまいます。また、胎児だけでなく、母体の命にも関わる大変危険な状態です。常位胎盤早期剥離は、0.3%から0.9%の確率で起こるとされています。

PR