流産後の妊娠について!流産後は妊娠しやすいって本当なの?
1,551views

流産後の妊娠について!流産後は妊娠しやすいって本当なの?

流産後の妊娠に関しては、多くの人が疑問に思っている点ではないでしょうか。流産してしまったら、再び妊娠を望む人も多いはずです。そこで気になるのが、流産後の妊娠についてです。流産後は妊娠しやすいという声も聞きますが、それって本当なのでしょうか?

流産の種類

待望の赤ちゃんを妊娠したものの、流産してしまった…。その悲しみは計り知れないものです。ましてや不妊治療の末に授かった赤ちゃんであれば、尚更悲しみは大きいものです。流産の悲しみは、流産を経験したことがある人にしか分かりません。赤ちゃんを授かったことによる体の変化を感じたママだからこそ、なかなか立ち直ることはできません。

流産後は妊娠がしやすくなる流産の種類

悲しいことに、流産は約15%と高い確率で発生します。そのほとんどが妊娠初期に起こるもので、この場合母体ではなく赤ちゃんの染色体異常によるものとされています。しかし、自分のせいで流産してしまったと責めてしまう女性も多いようです。万が一流産してしまったら、まずはゆっくりと体を休めて、気持ちの整理が付いたらまた妊娠を目指して妊活を始めましょう。

妊娠12週に満たないうちに起こる初期流産には、いくつか種類があります。まず、ママのお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまった状態を稽留流産と呼びます。稽留流産の場合、亡くなってしまった赤ちゃんをそうは手術で取り出します。稽留流産後、自然と亡くなった赤ちゃんが体外に排出された状態を自然流産と呼びます。この場合は、そうは手術を受ける必要はありません。また、妊娠検査薬で陽性反応があったものの、その後反応が消えてしまった状態を化学流産と呼びます。化学流産は超初期段階のため、流産に気付かない人も少なくありません。

流産後の妊娠について

流産後は妊娠がしやすくなる理由

流産後は妊娠しやすいという話は多くの人が耳にしたことがあるかと思います。実はこれ、事実なのです。そのため、万が一流産してしまっても、またきっと妊娠できると前向きな気持ちで頑張りましょう。ただし、流産の種類によっては流産後の妊娠率に変化はありません。
流産後の妊娠率が上がるとされているのが、稽留流産と自然流産です。これらの場合、1度着床した赤ちゃんが体外に排出されることで子宮内が綺麗になります。これによって受精卵が子宮内膜に着床しやすくなります。ただし、化学流産の場合は流産後の妊娠率に変化はありません。なぜなら、前述したように化学流産は超初期段階のため、子宮の状態が変化しないからです。

このように、流産後は妊娠しやすいと言われています。ただし、流産後すぐの妊娠は再び流産する可能性が高いため注意が必要です。流産してすぐの場合、子宮は完全に回復していません。この状態で妊娠してしまうと、子宮が弱っているため流産しやすいのです。そのため、1度流産してしまったら次の妊娠よりも子宮の回復を優先させましょう。

流産後の妊娠はいつから可能?

流産後は妊娠がしやすくなるいつから妊娠できる期間

流産後の妊娠がいつ頃から可能なのかは、産婦人科の先生の指示に従うことをオススメします。一般的には、流産後に生理を2回程度見送ってから妊活を開始する人が多いようです。生理=妊娠ができる体になったサインですので、子宮が回復したと考えて良いでしょう。ただし、妊活は自分の体調を見ながら開始することが大切です。流産後は、すぐに妊娠したい!と焦る気持ちも分かります。しかし、今度こそ元気な赤ちゃんを産むために、焦らずゆっくりと妊活を進めていくことをオススメします。

一度流産を経験してしまうと、再び流産するのではと不安になってしまいます。しかし、赤ちゃんの染色体異常が原因の流産は防ぎようがないそうです。そのため、あまり重く考えすぎずに再び赤ちゃんを授かることを願いましょう。

PR