流産の8割を占める自然流産とは?予防には緑の野菜が有効!
34views

流産の8割を占める自然流産とは?予防には緑の野菜が有効!

自然流産とは妊娠して22週以内に、人工中絶以外の理由で流産することです。多くは受精卵の染色体以上によるもので、流産の8割がこの自然流産であると言われてます。自然流産のリスクを減らすためには日頃から多くの緑の野菜を食べることが大切です。妊娠前、少なくとも3ヶ月は続ける必要があります。

自然流産とは?

自然流産とは?

自然流産とは妊娠して22週以内に起こる流産のことです。

この時期に起こる流産は人工中絶を除いてすべての流産を自然流産を呼びます。もともとこの時期は流産になるリスクが非常に高い時期です。統計によると、流産の8割以上はこの時期に起こっていると言われています。

自然流産になるのは確率の問題

 自然流産になるのは確率の問題

自然流産の原因は受精卵の染色体以上やなんらかの原因で正常に育たなかったことで起こります。

男女ともに若く、健康であってもこのような受精卵の異常は起こることがあります。このような受精卵の異常は基本的に確率の問題であり、男女の生殖能力と関係なく起こることだと言われています。

栄養状態が良いと自然流産のリスクは減る!

結果的に自然流産をした場合、その妊娠は受精卵の段階で問題があったため、妊娠生活に問題があったとは考えにくいものです。そのため、その妊娠の流産はだれの責任でもないものなのです。

しかし、普段から男女とも栄養状態をよくして健康度を高めることで健全な受精卵を育む可能性を高めることができると言われています。ただし、このような栄養による健康状態の改善は妊娠してから行ってもほとんど意味はありません。

男女共、少なくとも3ヶ月前から栄養状態を良くしておかないと受精卵の質を向上させることはできません。

現代生活は精子の質を弱らせるものがいっぱい!

現代生活は精子の質を弱らせるものがいっぱい!

とはいえ、現代の食生活の中で受精卵の向上を期待できるほどの栄養状態の改善を行うことはかなり大変なことです。

というのも、とくに男性の精子の活性や機能を改善するには健康によいものを食べるだけでなく、精子の活性を奪う食品を口にしないことが必要になるからです。

例えば、精製された砂糖、炭水化物、アルコール、肉の過食、食品添加物などは食べ続けることで精子の質を低下させます。さらに、日常生活ではストレスや睡眠不足も精子にとってよくありません。しかし、これらの食べ物を一切絶つことは非常に難しいことです。

緑の野菜は生殖能力を向上させる!

緑の野菜は生殖能力を向上させる!

そのような場合でも少しでも体に良いことをしたいという場合には緑色の野菜をたくさん食べることをお勧めします。

とくにレタス、アスパラガス、パクチー、ブロッコリースプラウト、かいわれ大根などの緑の野菜や葉物、各種のスプラウト食品は葉酸を多く含み、さらに血液やリンパなどの体液をきれいにする作用があります。

また、パクチーは高い排毒作用があり、日頃摂取してしまっている体に悪いものを体外に素早く排泄させる働きが期待できます。もちろん、このような豊富な野菜は女性にも大切です。妊娠能力を高める方法として様々なサプリメントや健康法がありますが、もっとも効果があるのはやはり野菜をたくさん食べることです。

毎食、かなりの量の緑の野菜が必要

毎食、かなりの量の緑の野菜が必要

ただし、その量は相当多くする必要があります。例えば穀類を食べるときにはその量の倍の緑の野菜を食べる必要があります。また、肉を食べるときにはその量の5倍は食べるようにしましょう。

このような量を食べようとすると食事のほとんどが緑の野菜になってしまいますが、体を健康に維持するためにはこれでも足りないくらいです。それでも、一部の成分が多く入っているサプリメントを摂取するよりはずっと効果的で、何より体全体が健康になることが期待できます。

野菜の代わりにユーグレナも有効!

野菜の代わりにユーグレナも有効!

野菜が苦手だったり、新鮮な緑の野菜を毎日手に入れることが難しい場合にはユーグレナと呼ばれるミドリムシの成分でできた食品やサプリメントをおすすめします。ユーグレナは植物性と動物性に含まれる栄養素を多く含んでいる優れた食品です。

また、一部の成分のみを取り出しているものと違い、ミドリムシ全体の栄養であるため、体に入ったときにバランスよく吸収され、作用することがわかっています。野菜の摂取が少ない食事のときに利用してみましょう。

PR