知らないうちに・・・・流産経験の割合について
41views

知らないうちに・・・・流産経験の割合について

流産経験をしている人の割合を知っていますか?これから妊娠を希望している人、出産経験があり、もう一度妊娠を希望している人、いると思います。意外と身近で流産を経験した人がいるかもしれません。流産経験の割合・原因を説明していきます。

流産経験の割合。確率は?

流産をしてしまう確率は、15パーセント程度です。

自分は流産しない。若いから大丈夫。と思っていませんか?

流産をしてしまう確率は、15パーセント程度です。確率だけでみると少ない感じがしますが、人数でみると、6~7人に1人の割合で流産を経験するのです。人数で表すと、多く感じませんか?

自分自身は経験がなくても、身近に流産を経験された方がいる、という方は多いのではないでしょうか。確率的には決して珍しい体験ではないとはいえ、実際に子どもを亡くしてしまった方の悲しみは計り知れません。

一般的に、流産は母親の年齢が上がるほどその確率も高くなります。15パーセントというのは平均の数字で、世代別に見ると、20代では1割程度ですが、35歳を過ぎると急激に高まり、40代になると4割ほどが流産してしまうとされています。

また、流産はほとんどが妊娠12週以内に起こります。なかでも妊娠4~7週頃に多く、半数がこの妊娠2カ月の時期です。お腹の子が突然いなくなってしまうなんて考えられないと思いながらも、安定期に入って流産の心配がなくなるまでは不安でつらい思いをされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

流産の原因って何だろう?

原因の多くは、染色体の異常です

まず、流産は妊娠22週未満でお腹の子が死亡してしまう、子宮外に排出されてしまい妊娠が終了してしまうことを言います。22週以降は「死産」と言い方が変わり、手続きも変わってきます。

この妊娠22週未満の時期の流産は胎児側に原因があると言われています。その原因の多くは、染色体の異常です。なので、流産の6~7割がこの原因で流産しています。

染色体の異常というのは、染色体や遺伝子に異常があり、うまく細胞分裂ができず偶発的に起こるので、確率の問題で染色体異常の流産は避けることができません。その他の流産の原因は、子宮の異常・黄体機能不全・糖尿病などの内分泌異常・感染症・免疫異常・精子の異常などです。

ですが、流産についてわかっていないことも多いのが現状です。もし、ご自身で違和感を感じたら、すぐにかかりつけ医に相談してください。

流産をしないためには・・・

当たり前ですが、タバコ・アルコールもやめてください。

早期だけでなく、中期、後期も胎児がなくなってしまう場合があります。そこで、流産のリスクを少しでも下げるためには、どうしたらいいのでしょうか。まだ見ぬかわいいわが子を守るための手段はあるのでしょうか。

身体的な疲労をかけていませんか?疲労が原因で流産になることがあります。

最近では、男性と同じ仕事量をこなす女性も多くなったと思います。ですが、妊娠中は気をつけなければなりません。

ありきたりですが、自分だけの体ではないのです。疲れたな。と感じた時は、お腹の赤ちゃんも「疲れたな。」と感じています。そう思ったら、体をすぐに休めてください。上司と相談し、残業をできるだけしないで帰れるようにする。朝のラッシュが大変だと思うので、就業時間を遅らせてもらう。などの対策を一緒に考えてもらってください。

家族にも頼ってください。リフレッシュに旅行に行きたくなると思いますが、遠い場所・疲れそうなプランであれば、控えたほうがいいですが、担当医と相談をしてみてください。条件が出てしまう場合がありますが、どうしたらいいか教えてくれますよ。

身体的なストレスのほかにも、精神的なストレスは心配です。嫁姑問題で悩んでいる方は、悩んでいない方に比べて数倍流産の確率が上がるというデータがあります。もちろん仕事上でのストレスもそうです。免疫学的に、ストレスが多いと赤ちゃんを外に出そうとする(NH細胞)働きが活発になるという説もあるそうです。

当たり前ですが、タバコ・アルコールもやめてください。カフェインもあまりよくないと聞きますが、これは医師によって摂取量が変わってくるようです。だいたいコップ2~3倍程度だったらカフェインを摂取しても大丈夫だということです。

流産は避けられない原因もありますが、そうでない場合もあります。流産に向き合うことが大切かもしれませんね。

PR