晩婚化!高齢化のリスクはとても高い!流産の年齢別の確率とは?
238views

晩婚化!高齢化のリスクはとても高い!流産の年齢別の確率とは?

流産の原因は卵子の老化が原因でした。卵子が老化すると染色体異常の卵子が排卵される可能性が高くなり、流産しやすくなります。流産の年齢別の確率は40歳を超えると40パーセントの確率になります。健康な赤ちゃんを産むためには、できるだけ流産の可能性の低い20代から30代前半までがよいでしょう。

年齢が上がるほど高くなる流産のリスク

卵子の老化が原因でした!

卵子の老化が原因でした!最近の三十代、四十代女性は、とても若々しくパワフルです。恋や仕事も二十代女性と変わらず、いつまでも精力的に活躍されている方も多いのではないでしょうか?
しかし外見は若々しく、二十代とほとんど変わらないように見えても、卵子の老化だけはどうしても止めることができないのです。女性が社会で活躍する機会が高くなるにつれ、それに比例して、女性の妊娠年齢も高くなりました。流産の年齢別リスクは当然のことながら、妊娠年齢が上がれば上がるほど高くなるのです。
外見は若くて美しくても、卵子の老化だけは、どうしてもごまかしようがありません。高齢で妊娠すると、流産の可能性も高くなってしまいます。その原因は染色体の異常であり、卵子の異常でもあるのです。

何故、卵子は老化してしまうの?

自分は、健康で丈夫だから、きっとお腹の中にいる赤ちゃんも健康に違いない!と過信するのはよくありません。どんなに健康な肉体の女性でも、どうしても卵子の老化は止められないからです。
排卵があるたびに卵子は細胞分裂をし、閉経の時期がくるまで卵子を排出し続けます。細胞分裂は二回行われ、23本の染色体になります。
しかし、加齢とともに細胞分裂がうまくできなくなってしまい、23本の染色体が正常に分離されずに、染色体不分離という減少が起きるのです。
この染色体不分離になってしまった卵子と精子が受精することによって、染色体が一本多い異常がある受精卵が誕生してしまうのです。何故、卵子は老化してしまうの?

流産の年齢別の確率は40歳を過ぎるとピークに

加齢とともに卵子の細胞分裂がうまくいかずに、染色体異常の卵子が排卵されてしまいます。では、その染色体異常の卵子が排卵しやすい年齢はいつからなのでしょうか?
35歳を過ぎると卵子の老化が少しずつ早まっていきます。卵子の質の低下は44歳が一番ピークでそれ以降は低下率は横ばいになっていき、やがて50歳ぐらいで閉経してしまいます。
そう考えると、いくら医学が進み高齢化社会になったとしても、安心して健康な赤ちゃんを産める時期は15年から20年ぐらいだと考えてもよいでしょう。

流産の年齢別の確率は?

卵子の染色体異常が出やすい40代がやはりピーク!

流産の年齢別の確率は29歳までだと10%です。
30歳から34歳だと11%、
35歳から39歳だと21%、
40歳以上は41%になります。
やはり卵子の染色体異常が出やすい40代からは一番のピークになるという結果になりました。

子供を望むのであれば、できるだけ流産のリスクの少ない20代から30代前半までがベストの時期ということになります。流産のリスクの少ない20代から30代前半までがベスト

ダウン症の発生率も高くなります!

染色体異常の受精卵を妊娠した場合には、妊娠初期の段階で流産しやすくなります。無事に出産することができても、染色体が異常であるため、残念ながら健康な赤ちゃんを諦めなくてはならない場合もあります。
ダウン症の障害が出てしまう可能性は、20代では1500人に一人の割合です。
35歳だと400人に一人、40歳では100人に一人、45歳になると30人に一人になります。

データをみるだけでも、やはり高齢妊娠、高齢出産はリスク面もよく考えなければなりません。

PR