気になる妊婦さんも多い!つわりで性別ってわかるもの?
191views

気になる妊婦さんも多い!つわりで性別ってわかるもの?

妊娠初期の頃だと、まだ生まれてくる子供の性別はまだわからないもの。そんな中、つわりで性別がわかるのか気になる方もいるのではないでしょうか?できるだけ早く性別を知りたい、そんな方はぜひ参考にしてみてください。

つわりはなんで起きるの?

つわりの現象

つわりで性別がわかるのかどうかを知るために、まずはつわりがどういった原理で起こるのかを知っておきましょう。つわりが起きる原因は一つではなく、いくつかの説があるので、その中から4つをご紹介します。

1.妊娠をすると、子宮内に、栄養素を効果的に体内へ吸収するための絨毛と呼ばれる突起ができますが、ここからhOG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という糖たんぱく質が分泌されます。その際に、嘔吐中枢が刺激され、それがつわりの原因になるという説です。

2.妊娠初期の段階では胎盤が未熟なため、赤ちゃんのことを異物だと認識してしまい、アレルギー反応によって起こるという説です。

3.妊娠中は、体内の環境がこれまでの大きく変化します。これにより、自律神経が乱れ、副交感神経が緊張状態に陥り、自律神経失調症になってしまうことが原因、という説もあります。

人によって異なるつわりの症状

つわりの症状

つわりの起きる原因はさまざま考えられていますが、症状の人によって大きく異なります。吐き気だけという方もいれば、眠りづわりという、日中にずっと眠気が抜けない症状に悩まされる方もいたり、なんとなく集中力がなくなって一日中ボーっとしてしまうといった症状もあるようです。その他、唾液が多くなる、偏食傾向になる、常に何かを食べていないと落ち着かない「食べづわり」と呼ばれる症状もあります。

こうした症状は、妊娠の4~6週目頃になると見られるようになり、12~16週くらいになると少しずつ落ち着いてくるというのが一般的です。ただし、人によっては出産までずっとつわりが続いたという方もいるなど、症状の出方は個々でかなり違いが見られます。

つわりで性別はわかるの?

つわりで赤ちゃんの性別判断

それでは本題のつわりで性別が判断できるのかどうかについてみていきましょう。上述したように、つわりがなぜ起きるのかというメカニズムはいくつかの説があり、はっきりとはわかっていません。そのため、「つわりの症状によって絶対に性別がわかる」とは言えないのが現状です。ただし、傾向はあるとされています。

たとえば、男の子に比べると、女の子の方がつわりの症状が重いのではないか、と言われています。実際に妊婦さんに聞いてみても、女の子のときの方が大変だったという意見が多く聞かれたのです。hOGの分泌量が、女の子を妊娠しているときの方が多かったといった調査結果も報告されており、これは一つのヒントとして見ることもできるかもしれません。

あくまでも参考にする程度に

ここで紹介したように、つわりの症状が重い方が女の子の可能性が高いとは言われていますが、これはあくまでも推測にすぎません。「つわりがすごく辛いから女の子に違いない」と思いこみ、実際に検査をしてみたら男の子だったということも多いにありうるのです。

2人以上の出産経験がある方の場合、1回目と2回目でつわりの症状が違うと、性別の違いと関係があるのでは?と思うところかもしれません。
しかし、こうした場合であっても、一概に「2回目の方が症状が軽かったから男の子かもしれない」とは言い切れません。それは、1人の母親であっても、つわりの症状が妊娠のたびに変わることがわかっているからです。

そのため、あくまでもここで紹介した性別判断は参考程度に留めておき、正確に知りたい場合には産婦人科に行った時に先生からきちんと聞くようにしましょう。

PR