妊娠したら辛すぎるダブルパンチ!つわりと胃痛はどうやって乗り切る!?
12views

妊娠したら辛すぎるダブルパンチ!つわりと胃痛はどうやって乗り切る!?

うれしい妊娠・・・なのに、やってきた辛い日々。つわりと胃痛がダブルパンチで襲ってきたらどうやって乗り切れば良いのでしょうか?なぜ妊娠するとつわりが起こり、その中に胃痛や吐き気などが起こるのでしょうか?つわりのメカニズムと共につわりと胃痛の関係とその対策について調べてました。ご参考にどうぞ。

妊娠とつわりの関係

どうして妊娠するとつわりが発生するのでしょうか

妊娠が発覚したとたんに出てくるつわり。どうして妊娠するとつわりが発生するのでしょうか。そのつわりのメカニズムについて調べてみました。今回は、特に吐き気や胃痛など、つわりと胃痛の関係についてまとめてみました。

妊娠するとつわりが発生するのはなぜ?

食べづわりや食の好みが変わるなどのつわりも聞きますが、実際には、つわりの中ではほとんどの女性が体験すると言われているのが吐きづわり。

そのつわりに併せて、胃痛などの胃のトラブルつわりとして追加されているのは珍しい話ではありません。実際に吐き気がでたり、実際に嘔吐するのは、胃酸が通常よりも出てきていることも考えられます。

つわりとホルモンの関係とは?

女性ホルモンのバランスによるもの

つわりと一緒に胃痛や胃酸が出てきてしまうのは、妊娠するときに乱れる女性ホルモンのバランスによるものです。

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌が盛んになります。これは、妊娠によって、子宮が大きくなっていく働きを促すものですから、妊娠には欠かせないものになっています。

一方で、この黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑えるために、子宮以外の筋肉も緩めてしまう働きがあります。

そのために、子宮に比較的近い胃の筋肉も緩めてしまうことになり、本来胃の中に入らないようにしている胃酸も逆流してしまい、吐き気や胃痛などを引き起こしてしまうのです。

妊娠と自律神経の関係

もうひとつ、妊娠することによって乱れるのが自律神経です。

この自律神経は、ホルモンバランスが崩れるために自律神経自体も乱してしまいます。この交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって、胃酸が通常よりも多く分泌されてしまったり、逆に胃酸が出なくなってしまって胃に負担を掛け過ぎてしまったりするトラブルが発生してしまうのです。これによって、胃痛が引き起こされることになるのです。

つわりで胃痛になったらどうすれば良い!?

つわりによって、胃痛が引き起こされた場合には、簡単に胃薬などを飲むことも出来ず、余計に辛い思いをしますね。そこで、胃薬などの薬に頼らずに、つわりの時に発生する胃痛についてどうやって対応していけばよいのかまとめました。

体を温めよう

体が冷えていたら、余計に辛いケースもあります。ですから、冷えは禁物です。胃痛を抑えるために、冷たい飲み物などは避け、温かい飲み物を飲むようにする、あるいはお腹を温めるなどをすることで、改善させることもあります。

体を温めよう

胃に負担をかけないようにする

胃酸の分泌のバランスが乱れている原因もありますから、胃に負担のある食べ物を避けるようにする、あるいは一度に沢山食べないようにする、また、少しずつゆっくりと噛んで消化するようにする、などを心掛けましょう。

もちろん、空腹を避けるようにすることも大切です。空腹であると、急に食べ物が胃の中に入ると、それだけで胃液の分泌量のバランスが乱れてしまいます。

リラックスすること

自律神経が乱れているのであれば、バランスを整えることが重要になります。

自律神経を整えるためには、睡眠時間をきちんととること、そして夜は夜更かしをせずに、外が明るくなればきちんと活動するように心掛けましょう。体内時計は、通常の時間に合わせる必要があります。

体内時計をしっかり調整しましょう

あまりに辛かったら医師に相談しましょう

簡単に胃薬などを飲むことはやめましょう。妊娠の時期を問わず、市販の薬は効き目が強い可能性があります。妊婦さんには、妊婦さんにあった薬がありますから、きちんと相談することが大切です。

PR