つわりが胎児に与える影響は?ツライ妊娠初期のつわりを乗り切る方法!
133views

つわりが胎児に与える影響は?ツライ妊娠初期のつわりを乗り切る方法!

つわりが胎児に与える影響を妊娠初期は特に気になってしまうものです。そこで、つわりがあると胎児にどのような影響を与えるのかを説明します。大切な時期といわれる妊娠初期を上手に乗り切るための方法もあわせて解説。

つわりはなぜおきる?

ホルモンバランスの乱れから

つわりはなぜ起きるのか

受精卵が着床し赤ちゃんを育てる準備が始まると、ママの体内では目まぐるしく変化が起きています。胎児の成長に重要な働きをはたす胎盤をつくるのが妊娠初期で、完成する安定期までは胎盤が成長するため吐気や悪心、強い眠気などが見られます。

ほとんどの妊婦が経験する

妊婦全体の約7割が気持ち悪さや吐き気を体験しているといわれています。また、胃もたれやむかつきなども約5割が経験。このことから、つわりは生理現象であり心配のないことだとわかります。
ちなみに、何も食べられず入院が必要になるほどの重いつわりを経験する人はごく少なく1%に満たないくらいです。

つわりが胎児に与える影響

食べられなくても大丈夫

つわりが胎児に与える影響

つわりの間は食事がそれまでのように食べられないことがよくあります。妊娠するとバランス良い食事をしっかりとらなければと思いがちですが、無理して食べる必要はありません。
妊娠初期の赤ちゃんはそこまでたくさんの栄養をとらなくても成長できるため、食べられるときに食べられるものを食べていれば大丈夫です。

食事の時間も気にしない

つわりがあると一日三食の食事の時間帯に合わせてとることが難しい場合も。その時は無理して食べず、「食べたい」と思えた時に食事をしましょう。消化の良い食べやすい物でお腹いっぱいまでは食べないようにするのがポイントです。

一番気を付けたいのは「気にしすぎ」

つわりで思うように食事がとれず気分も悪い状態が続くうえに、赤ちゃんへの影響まで心配していてはストレスがたまってしまいます。強いストレスはつわりを重くさせる原因にもなる可能性があるため、食べられなくても大丈夫、と思い好きな物を口にしてリラックスするのが一番です。

つわりを上手に乗り切る方法

リラックスして休める環境をつくる

つわりを上手に乗り切るにはリラックスして休む

気分が悪くなった時、少しでも横になれる環境があれば休むことができます。仕事場でなかなか休む場所を作れなければ、トイレや外出して日陰のベンチで座るなどしましょう。リラックスできる場所を持っていると心にも余裕が持てるため、ストレス緩和に役立ちます。

食べられる時に食べる

つわりのときは食べたいときに食べる

少しずつ何度かにわけて食事をとると消化の負担もかけず、気持ちが悪い時も食べやすくなります。小さめのおにぎりや温野菜、スープなどが食べやすいでしょう。
口あたりがよく食べやすいからと、油っこいものばかりでは体重増加の心配があるので食べすぎには気を付けましょう。

空腹をつくらない

空腹になるとより気分が悪くなるつわりもあります。そのため、できるだけ空腹の時間を作らないように小まめにたべます。常に食べていることになるので、高カロリーの食品は避けてあめやこんにゃくゼリーなどヘルシーな低カロリーのものを選ぶと体重増加にも気を付けることができます。

家事を手伝ってもらう

妊娠前と同じように家事まで行おうとすると、疲労からつわりがさらに重くなる可能性もあります。つわりがツライ時期にはパートナーや家族に家事の分担をして協力してもらったり、家事を簡単にする方法をとりましょう。食べ物のにおいが苦手になったり、食べたくない時に食事の準備をするのは辛いため、食材をプラスするだけで簡単作れる惣菜の元などを上手に使って調理する方法もあります。

PR