妊娠をしてつわりがない人っているの?つわりがない人の特徴とは?
247views

妊娠をしてつわりがない人っているの?つわりがない人の特徴とは?

妊娠をすると、吐き気があったり、気分が悪くなっていつも通りに過ごすことができなかったりと、つわりをイメージする方が多いのではないでしょうか?妊娠をしてもつわりを経験されない妊婦さんもいらっしゃいます。つわりがない人の特徴についてご紹介しましょう。

つわりがない人っているの?

妊娠中につわりがない人

テレビドラマなどでは、つわりがよく妊娠の発覚に使われているシーンを見ますよね。でも、世の中には、妊娠をしてもつわりがない人もいるのです。ある調査では、妊娠している方の2割程度はつわりの経験がない人なのだとか。つわりがない人の特徴ってあるのでしょうか?

気分が悪くなったり、嘔吐をしたりと、できることなら経験をしたくないのがつわり。そもそもつわりはなぜ起こるのでしょうか?まずは、つわりの原因からみていきましょう。

つわりはどうして起こるの?

つわりが起こるのは、黄体ホルモンやhCGホルモンなどの女性ホルモンが影響しているからです。妊娠をしていないときは、これらの女性ホルモンは、妊娠をすると大量に分泌をされるようになるホルモンで、分泌量が増えるときに吐き気などのつわりの症状が出てきます。

また、妊娠をすると赤ちゃんのベッドとなる胎盤がつくられますが、妊娠初期は胎盤がまだ未成熟のため、妊婦の体がお腹の赤ちゃんや胎盤を異物だと勘違いしてしまうために、アレルギー反応が起こるからだとも言われています。

さらに、妊娠初期の頃はまだ安定期に入っておらず、赤ちゃんの流産を防ぐためにつわりを起こしているようです。母親が活動的にならないために、気分を悪くして流産をさけようとするからだのしくみとも言えます。

つわりの原因は以上のように様々なことが言われているのですが、これといった明確な原因ははっきりとしていないのが現状です。

つわりがない人の特徴は?

妊婦さんの10人に2人はつわりを経験しないようです。つわりがない人の特徴についてみていきましょう。

【冷え症ではない】
【胃が強い】
【ストレスを感じない】

このような方がつわりがないと言われていますが、個人差があるようです。妊娠をしたストレスから自律神経がくるい、気分が悪くなる妊婦さんがいたりするので、ストレスとつわりは大きく関係しているという研究があります。
できるだけストレスを感じることなく妊娠初期を過ごすことが大切なのかもしれませんね。最後に、つわりを軽くするための方法についてご紹介します。

つわりを軽くする方法は?

気分が悪くなったり、憂鬱になったりするつわりは、できることなら避けたいもの!少しでもつわりを軽くする方法についてご紹介しましょう。

【食事】

つわりの軽減方法

つわりを軽くするためには、血糖値の低下を防ぐことを考える必要があります。血糖値が低下するとつわりがひどくなるため、1日3度の食事ではなく、1回の量を減らして回数を多くすることが大切です。また、脂っこいものや、香辛料が過度に入っているものは、胃腸に負担をかけやすく、つわりをひどくしてしまいます。なるべく胃腸にやさしい食べ物をとるようにしましょう。

【運動】

つわりの症状が出ると、家に引きこもりがちになりやすいですよね。つわりで気分が悪いときにこそ、外に出て新鮮な空気を吸うことが大切です。軽いウォーキングをしたり、お散歩をするなど、少しでも良いので運動をするようにしましょう。

【ストレス】

つわりを軽くするためにストレスをためない

精神的なストレスは、つわりの症状を悪化させると言われています。心のストレスを軽減できるように、ストレスを発散させましょう。好きな音楽を聴いたり、ぬるめのお湯につかって半身浴をするなど、ストレスを解消しましょう。

PR