妊娠中毒症の予防方法は初期段階からの健康管理が大切!食べ過ぎや塩分の取り過ぎに注意
96views

妊娠中毒症の予防方法は初期段階からの健康管理が大切!食べ過ぎや塩分の取り過ぎに注意

妊娠中毒症の予防は妊娠初期の段階からしっかり行いましょう。妊娠中毒症は、後期に突然なってしまうケースが多いのが特徴です。食生活や生活習慣を規則正しいものにしましょう。塩分の取り過ぎは厳禁です。体重管理も重要です。

妊娠中毒症は甘くみてはいけません!!

妊娠中毒症の予防方法

妊娠中毒症になると、妊娠中に血圧が正常値よりも高くなったり、尿からタンパクが出たり、むくみなどの症状が出ます。
妊娠中毒症になると、母体全体の血管が縮まり、血圧が高くなることによって、胎盤の機能も悪くなるため、胎盤に血液がうまく送られず、お腹の中の赤ちゃんの発達にも影響が出ます。また母体の方も妊娠を継続するのが難しくなり、頭が痛くなったり、めまいや痙攣の発作を起こし、緊急手術が必要になることもあります。

妊娠中毒症はどうして起こるの?

ところで、何故妊娠中毒症は起こるのでしょうか。
その原因は、妊娠中は赤ちゃんに大量の血液が送られています。そのため非妊娠時と比べて、母体にはかなりの負担がかかります。
塩分の取り過ぎや過度のストレス、カロリーの取り過ぎなどなんらかの負荷がかかることによって、子宮だけではなく、母体の血管の小動脈が収縮することによって、血圧が上昇します。血圧が上昇する状態が継続すると、腎臓の動脈も収縮するため、腎臓の働きも悪くなり、尿からたんぱくが降りてきてしまうのです。

自分は健康だから大丈夫だと思っていてはダメ

妊娠中毒症は、妊娠後期に突然訪れます。これまで、自分は大きな病気はしたことないし、健康には自信があるから大丈夫だと思っていてはいけません。妊娠中の生活習慣や食生活によって、妊娠後期ぐらいに急に血圧が急上昇することもあるのです。
血圧が一度上昇してしまうと、降圧剤が処方されるのですが、重症になると降圧剤もあまり効かなくなってしまうこともあります。病院で管理入院になることもありますし、帝王切開で緊急手術をし、予定日よりも早く出産しなければならないケースもあるのです。

妊娠中毒症の予防は妊娠が確定してからスグ

妊娠中毒症の予防は妊娠確定後すぐ行おう

妊娠中毒症の予防は、妊娠が解ってからすぐに行いましょう。妊娠中毒症は妊娠後期からなる人が多い傾向がありますが、後から慌てて食生活や生活習慣をあらためても、時すでに遅し、遅すぎるのです。

そこで、できることなら、妊娠が判明してから、すぐに妊娠中毒症の予防をする必要があります。
まず、妊娠中はできるだけ無理をせずにたっぷりと休むことが大切です。8時間以上の睡眠を取るようにし、立ち仕事などの疲れる仕事はできるだけ避けましょう。一人目出産のときは、比較的ゆっくりと過ごすことが出来ますが、二人目からは、育児と家事が重なってしまうため、無理をしがちです。そこで助けてもらうことが出来る家族がいれば、できるだけ家事や育児などを助けてもらうようにしましょう。

妊娠中は、できるだけ塩分を取らないようにしましょう。一日10グラムまでしか摂取できないので、ソーセージなどの加工食品やインスタント食品、スナック菓子はできるだけ食べないようにしましょう。食生活はできるだけ三食、決まった時間に食べ、栄養バランスに気をつけましょう。体重も増加しすぎると、妊娠中毒症になりやすいので、体重管理も徹底して行いましょう。

妊娠中毒症の予防はストレスコントロールも重要!

妊娠中毒症の予防にはストレスコントロールも大切

仕事をされているマタニティママは、できるだけ仕事や職場での人間関係のストレスに悩まされないようにしましょう。ストレスと血圧の関係は密接であり、ストレス負荷が大きくなると高血圧症になってしまうこともあります。なかなか職場でのストレスは、自分ではなんとかならないこともありますが、妊娠中は時短勤務を申し出たり、仕事内容が楽な職場へ変えてもらうようにお願いしてみるのも一つの方法かもしれません。

また自分なりのストレス解消方法を見つけ、ストレスコントロールをしましょう。たとえば、カラオケや好きな海外ドラマを見たり、音楽を聴いてのんびりしてみましょう。

PR