胎嚢の場所が確認できるまでは油断禁物!子宮外妊娠のひとつ、卵管妊娠の原因とその症状とは?
247views

胎嚢の場所が確認できるまでは油断禁物!子宮外妊娠のひとつ、卵管妊娠の原因とその症状とは?

卵管妊娠というとあまり耳慣れませんが、子宮外妊娠の一種です。卵管妊娠は実は子宮外妊娠の大部分を占めていると言われています。子宮外妊娠=卵管妊娠とも言えるほどです。もっとも起こりやすい卵管妊娠の原因、症状について調べてみました。

卵管妊娠ってどういうこと?

卵管妊娠とは子宮外妊娠の一種

卵管妊娠とは子宮外妊娠の一種

子宮外妊娠という言葉を聞いたことがありますか?
子宮外妊娠とは、受精卵が本来着床するはずの子宮ではなくそれ以外の場所で着床してしまう状態のことをいいます。子宮外妊娠と一口に言っても、実際に受精卵が着床する場所がどこになったかによって名称が変わります。それらを総称して子宮外妊娠、と呼んでいるのです。卵管妊娠は受精卵が卵管で着床してしまったという子宮外妊娠のひとつなのです。

卵管に着床してしまうケースは子宮外妊娠の中でも最も多く、子宮外妊娠の90%以上が卵管妊娠だとも言われています。
妊娠初期の段階では卵管妊娠などの子宮外妊娠でもつわりや胸の張りといったような正常な妊娠と同様の症状しかありません。妊婦さん自身が気がつくことはまずありません。妊娠かも・・・と思って産婦人科を受診して初めて子宮外妊娠であることが判明する、というのが一般的です。

妊娠は継続できない

本来赤ちゃんを守り育てる場所である子宮は、伸び縮みすることができる組織です。実際、赤ちゃんの成長に合わせて伸びていき、産後は縮んで元のサイズに戻りますよね。しかし、子宮以外の場所はそのような機能がないので、いくら着床しても妊娠を継続することはできません。

卵管妊娠などの子宮外妊娠が起こると現れる症状は?

下腹部痛と出血

卵管妊娠や子宮外妊娠の症状

本来着床するべきである子宮以外の場所で着床してしまうと、妊娠を継続することはできません。流産したり、もしくは卵巣・卵管が破裂してしまったりすることで体内で出血が起こり、それが原因で下腹部に痛みを感じるようになります。

少量の出血が続くケースがほとんどと言われていますが、体内でどの程度の出血が起こっているかによって下腹部の痛みの度合いは違ってきます。
また、日に日に成長していく受精卵に卵管が対応できず、それにより痛みが徐々に強くなっていくこともあります。

卵管破裂を起こしてしまうと、大量の出血と激痛でショック状態に陥ってしまうことも・・・。
着床する場所が少しずれてしまうだけで命に関わる事態に陥ってしまうことにもなりかねないのです。

どうして「卵管妊娠」は起こる?

気になる卵管妊娠の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。調べてみました。

卵管に何らかの異常がある

卵管妊娠は受精卵が卵管で着床してしまうことです。つまり、通常な妊娠であれば卵管を通過できるはずの受精卵がうまく通過できず、その場で着床してしまっている状態です。何らかの原因により卵管に異常があると、卵管妊娠が起こりやすくなってしまいます。
卵管に炎症が起こっていると、どうしても受精卵は通りにくくなってしまうので卵管妊娠を起こしやすくなってしまいます。炎症以外にも、卵管の形に異常がある場合も同様に卵管妊娠を起こしやすくなります。

クラミジア感染症や淋病といった性感染症が原因で卵管が炎症を起こしてしまうこともあります。卵管がダメージを受けてしまうと受精卵を子宮へと送り出す機能が低下してしまうため、卵管妊娠の原因となってしまう可能性が高まります。

過去に腹部の手術を受けた経験がある

卵管妊娠は腹部の手術を受けたことが原因になる

特に卵管をはじめとする女性特有の臓器に対する手術を受けた経験がある人は可能性が高くなります。また、卵管そのものが詰まっていない場合でも、過去に受けた腹部の手術によりひどい癒着を起こしてしまっている場合も卵管の通りが悪くなってしまうことがあります。

妊娠に関わる臓器に対する手術を受けているわけでもないのに、影響を受けることがあるかもしれないなんて驚きですね。

過去に子宮外妊娠を経験している

子宮外妊娠を経験したことがある場合は、そうではない人に比べて子宮外妊娠を起こしやすくなってしまうと言われています。すでに1度経験しているということは、何らかの原因があると判断することができるからなのかもしれませんね。
しかも、過去に子宮外妊娠を経験していると、また子宮外妊娠を起こしてしまう可能性が1割ほど高くなってしまうと言われています。

今現在、子宮外妊娠を起こす原因と言われているのは以上の事柄です。ただ、卵管妊娠をはじめとする子宮外妊娠の原因はまだはっきりとは解明されてないようです。

PR