子宮外妊娠の98%が卵管妊娠 あなたは大丈夫?卵管妊娠の症状や原因、治療法について

子宮外妊娠という言葉、聞いたことのある人多いと思います。文字通り子宮以外のところで妊娠してしまう妊娠で、子宮外妊娠の98パーセントが卵管妊娠と言われています。卵管妊娠の症状や原因、治療法についてお話します。

「子宮外妊娠」
一度は誰もが聞いたことがあるかもしれません。子宮外妊娠とは、文字通り、子宮以外のところに着床してしまう状態のことで、これの98パーセントが卵管妊娠と言われています。卵管に着床してしまった場合、放っておくと破裂したりショック症状を起こすこともあり、母体にとって大変危険な状態です。
子宮外妊娠の卵管妊娠について、症状や原因、治療法をまとめました。

卵管妊娠の診断と治療法

やっと妊娠できたのに・・・

卵管妊娠の診断

待ちに待った赤ちゃん。やっと妊娠できたかもって思ったのもつかの間、検診に行ったら「子宮外妊娠の可能性があります。」
もし、こんなことを言われたら、とてもショックですよね。
子宮外妊娠の場合にはお腹の中で赤ちゃんを育てることが出来ないので、切除手術が必要になります。

子宮外妊娠は尿検査と超音波検査により最初の診断が行われます。尿検査では妊娠の陽性反応が出ているのに超音波で子宮内を見ても何も見つからなかった場合、疑いが持たれます。次に基礎体温を付けている方であれば、それを見て受胎日や正確な妊娠週数を計算し、内診を行います。NCG測定や子宮内所見、子宮内容除去術などの補助診断により子宮外妊娠の疑いが濃くなれば腹腔鏡検査にて確定診断を行うことが通常です。
子宮外妊娠では、着床してしまった臓器を取り除く処置が必要になります。ほとんどのケースが卵管妊娠になるため、卵管に着床してしまっている場合には、卵管切除手術を行います。

卵管妊娠の処置

卵管切除手術では、根治のため卵管を摘出する方法と、機能温存を図る方法と主に二通りの選択ができます。前者については、破裂や癒着などで状態が酷い場合にはすぐに適応されることが多いですが、そうでない場合、本人の意思確認も行われます。

卵管妊娠の症状や原因

卵管妊娠の症状

卵管妊娠の症状としては、下腹部痛や不正出血がみられます。生理予定日頃から違和感が出てくる人もいれば、妊娠5~6週になって気づく人もいて、症状が出るタイミングは人それぞれですが、遅かれ早かれなんらかの症状が起こることは間違いありません。卵管妊娠を放っておくと妊娠8週~10週頃に破裂しますので、下腹部痛については長くて約1か月程度続くと考えていて良いでしょう。
卵管破裂は強烈な痛みに襲われるというわけではなく、それまでの痛みよりちょっと強いなと感じる程度ですが、突然破裂してショック症状を起こす人も稀にいます。

卵管妊娠の原因はいくつかあります。

例えば、卵管が炎症を起こしている場合には、子宮にうまく着床できず卵管で育ってしまう可能性があります。卵管の炎症が起こる原因は、クラミジアや淋菌などの性感染症が最も疑わしいので、万が一感染しているかもしれないと感じる時には、できるだけ早急に治療しなければなりません。
また、骨盤内感染や虫垂炎、腹膜炎などにより、以前に下腹部を手術した経緯のある人も卵管妊娠になりやすいと言われています。人工中絶もその一つですので、経験のある人は注意した方が良いでしょう。

卵管妊娠は、妊娠初期には発見しにくい症状ですが、自覚症状があるのに放っておいたらいずれ破裂してかなりの出血になり、亡くなってしまう可能性もあります。
決して侮れない疾患ですので、少しでも違和感があったり下腹部痛を感じるのであれば、すぐに産婦人科へ行き検査してもらうようにしましょう。

PR