子宮外妊娠の治療費は保険が3割適用の場合15万から25万ぐらいが相場。必ず高額医療費請求をしよう
3,358views

子宮外妊娠の治療費は保険が3割適用の場合15万から25万ぐらいが相場。必ず高額医療費請求をしよう

子宮外妊娠の治療費はかなり高額で負担がかかります。退院後は必ず高額医療費請求をしましょう。自己負担額を超えたらお金が戻ってきます。入院中には、個室などを利用した場合には、差額ベッド代が一日ごとかかるので、費用が高くなるのを覚悟しなければなりません。保険に入っている方は、入院証明書をもらいましょう。

子宮外妊娠の治療費はかなり高額なので覚悟しましょう

子宮外妊娠の治療

子宮外妊娠の治療費、入院費はかなり高額になるので、覚悟しておかなければなりません。まとまった額が必要なので、普段から医療費としてお金を用意しておかなければなりません。保険が適用される手術ですが、保険適用が3割だとすると、費用は15万円から25万円程度かかります。

手術内容によっても費用が違います

子宮外妊娠の手術費用

子宮外妊娠は、本来は受精卵が子宮の中に着床するはずが、子宮内膜とは別の場所に着床してしまいます。子宮外妊娠のほとんどが卵管で着床してしまうケースです。残りは卵巣や子宮頚管に妊娠してしまいます。
子宮外妊娠の原因は、開腹手術の経験があったり、卵管炎があると子宮外妊娠になる可能性が高くなってきます。
手術費用は、開腹手術を行った場合には、10万円前後、腹腔鏡手術の場合には、20万円前後します。輸血をせずに手術を行った場合で、保険が3割負担の場合には、16万円前後します。

入院した日数分だけ、部屋代、食事代がかかります

子宮外妊娠の治療費以外にも、部屋代や食事代がかかることもあります。個室の場合や二人部屋の場合だと、相部屋よりも費用が高いので、注意が必要です。緊急入院の場合、相部屋の数が足りず、やむを得ずに高い個室料金を支払わなければならないこともあるので、まとまったお金を用意しておかなければなりません。部屋代が1日六千円ぐらいかかるとし、入院期間が10日間だとすると部屋代だけでも6万円は覚悟しなければなりません。

子宮外妊娠の入院費
また部屋代は保険適用外であるため、自己負担です。食事代も入院日数分だけかかります。病院のパジャマをレンタルした場合や、冷蔵庫代、テレビカード代、売店でジュースやヨーグルトなどの嗜好品や雑誌などを購入すると、かなりの出費となるでしょう。

金銭的に余裕がない!入院中に高額医療の申請を行う

子宮外妊娠の治療費は病院を退院する時にその額が判明されるのが通常です。金銭的に余裕がないとき、退院時にまとまったお金を支払うのが大変だということもあるのではないでしょうか。そこで、利用したいのが高額医療費の事前申請です。
限度額適用認定証という名称がつけられている自治体もあります。自治体によって申請方法が異なりますが、入院中におこなえば、退院時に支払うお金は、自己負担額と差額ベッド代のみですむので、かなり助かるのではないでしょうか。また高額医療の申請は退院時に行うこともできます。

病院によっては、入院保障金が必要なところも

個人病院の場合、患者さんが退院間近になって消えてしまうことのないように入院保障金が必要なところもあります。通常の病院だと5万円から10万円、産婦人科の場合だと15万円ほど必要なところもあり、病院によって金額の設定がまちまちです。退院時に不足分や多かった分について返却されることもあります。

手術をしなくてもよいケースもあります。

子宮外妊娠で、手術を行わなくてもよいケースもあります。それは、流産で自然に吸収されてしまうケースなのですが、ごくまれなことです。

保険に加入している方は入院証明書を!

子宮外妊娠治療時の保険への申請

医療保険に加入されている方は入院証明書を発行してもらいましょう。入院費が戻ってきます。病院では、書類発行費用がかかるところもあります。

PR