妊娠初期の下腹部痛は流産?考えられる下腹部痛の原因まとめ
156views

妊娠初期の下腹部痛は流産?考えられる下腹部痛の原因まとめ

妊娠初期の下腹部痛は流産が疑われます。しかし、下腹部痛は必ずしも流産の兆候とは言い切れません。なぜなら、妊娠初期に下腹部痛を感じることは決して珍しいことではないためです。では、妊娠初期の下腹部痛は流産以外にどのようなことが考えられるのでしょうか?

妊娠初期の下腹部痛

妊娠初期の下腹部痛

妊娠初期に起こりやすいトラブルの1つとして、下腹部痛が挙げられます。妊娠初期に下腹部痛を感じると、多くの人が流産の心配をするようです。特に、初めての妊娠だと不安な気持ちも大きくなります。確かに、流産の兆候として下腹部痛が表れますが、下腹部痛のすべてが流産とは言い切れません。

妊娠初期は、下腹部痛が起こりやすい状態なのです。流産などの危険な下腹部痛以外でも、下腹部痛を感じたことがある妊婦さんはたくさんいます。では、妊娠初期の下腹部痛は流産以外にどのような原因があるのでしょうか?

着床痛

まず、最も早い段階で下腹部痛を感じるのが着床痛です。受精卵が子宮内膜に着床する時に起こる痛みです。このような痛みは、感じる人と感じない人が居ます。また、人によっては下腹部痛と共に着床出血が見られる場合もあります。このような下腹部痛は、流産とは全くの無関係ですので心配はいりません。むしろ、この段階では妊娠に気づいていない人も多いかと思います。

妊娠初期の下腹部痛早い段階の原因

子宮の変化

妊娠初期の下腹部痛やお腹の張りの原因として最も多いのが、子宮が大きくなることによる痛みです。妊娠すると、子宮はどんどん大きくなります。この時に子宮の靭帯が引っ張られて痛みを感じることがあります。また、子宮がその周辺の神経や臓器を圧迫することによって下腹部痛が表れます。特に、胃腸や膀胱が圧迫されると痛みが強い傾向があるようです。
このような子宮の変化に伴う下腹部痛は、妊娠初期によくあることなので心配はいりません。だいたい妊娠3週目あたりから下腹部痛を感じるようになり、妊娠13週頃まで続きます。このような痛みを感じた際には、家事や仕事の手を休めて安静にすることが大切です。万が一安静にしていても下腹部痛が治まらない場合は、卵管の腫れが考えられます。この場合、医師の診察を受けることが大切です。

妊娠初期の下腹部痛軽減する方法

妊娠中は、下腹部痛を和らげるために薬を服用することはできません。そのため、下腹部痛を感じたらお腹を温めることが大切です。腹巻やホッカイロなどを活用して、お腹を冷やさないように心がけましょう。冷たい飲み物を避け、温かい飲み物を飲むことも効果的です。

妊娠初期の危険な下腹部痛

前述したように、妊娠初期の下腹部痛は流産を疑う人が多いようです。もちろん流産以外の原因もありますが、流産が原因となっているケースも珍しくありません。流産は約15%の確率で起こると言われており、これは10人に1人の割合となります。10人に1人と聞くと、決して少ない数字とは言えません。多くの流産は胎児側に問題があります。そのため、流産は誰にでも起こりうることなのです。妊娠初期は、このような流産の知識も頭に入れておかなければなりません。

妊娠初期の下腹部痛危険な下腹部痛

子宮外妊娠

危険な下腹部痛として、流産以外に子宮外妊娠が挙げられます。子宮外妊娠では、そのほとんどが卵管内に着床しています。残念ながら、子宮外妊娠の場合も妊娠を諦めなければなりません。流産、子宮外妊娠いずれも激しい下腹部痛に加えて出血が見られます。このような症状がある場合には、早急に産婦人科を受診しましょう。

また、切迫流産の場合は妊娠が継続できるケースもあります。ただし、切迫流産は流産の一歩手前の状態ですので、必ずしも妊娠が継続できるとは言い切れません。

PR