お腹の中の赤ちゃんは大丈夫?妊娠初期の茶色いおりものについて
152views

お腹の中の赤ちゃんは大丈夫?妊娠初期の茶色いおりものについて

妊娠初期は色々と体の変化があります。つわりも始まる方も多く、そのために、生活にも支障を来すことも。そんな中、妊娠初期の茶色いおりものがあったりすると、これは何かの兆候なのか!?と心配になりますね。そこで、今回は、妊娠初期の茶色いおりもののことを中心に妊娠初期のトラブルに関してまとめました。

妊娠初期とおりものの関係

妊娠初期とおりものの関係

妊娠初期は、色々と体の変化が出てきます。妊娠していないときは、おりものに粘り気があったり、量が若干多めになっていたかたも、妊娠するとさらっとしたおりものに変化するなど、妊娠とおりものは色々と変化があります。

なぜならば、妊娠をすると、黄体ホルモンの分泌量が増えるために、おりものを作るプロゲステロンの分泌が減ることもその理由なのです。

妊娠中のおりものの変化

前述の通り、妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンの割合が変わっていくために、おりもの自体の性質も変わってきます。それに加えて、子宮や子宮口などは妊娠のために抵抗力が弱っているために、おりもの自体も色々な変化があります。

今回は、特に、妊娠初期の茶色いおりものについて調べていきましょう。

妊娠初期の茶色いおりものについて

妊娠初期の茶色いおりものについて

おりものの色や臭いなど気になるところですが、もしも妊娠初期に茶色いおりものがついてしたら心配しますよね。いつもと違う色、更に茶色となると、これは出血しているからではないかと心配になるのではないでしょうか。

実際に、この茶色のおりものは出血です。ご存知の通り、出血を放っておくと、その後その血液が酸化して、茶色の色になっていきます。つまり、この茶色のおりもの自体はそもそもが出血だったのに、おりものと混じって体外に出てきたときにはすでに酸化している状態だったということが分かるでしょう。

お腹の中で出血したの!?赤ちゃんは大丈夫!?

酸化した血液がおりものと一緒に出てきたと言われるととても心配すると思います。ただし、これは妊娠初期でまだまだ子宮の中がきちんと生成されていないからなのです。

多くの細胞分裂をしていく、そして様々な変化があるお腹の中では、多少の出血はあることなのです。前向きに言えば、成長している過程であるということ。だから、そこまで神経質にならずに、そして、心配しなくていいということなのです。

気をつけるべき出血とは?

だからと言って、出血自体が問題ないとは言い切れません。

茶色のおりものが少々出るなどの場合はあまり気にすることはありませんが、茶色のおりものがずっと続いている、あるいは、茶色のおりものの後に、鮮血があった、お腹が痛い・・・などのトラブルがあったときには、気をつけなければなりません。

こういった場合には、まずは病院へ電話して判断を仰ぐこと。緊急を要するものだったり、診察時間内に診察を受ければ良いものなどのケースがあります。

その他、気をつけるおりものは?

例えば、痒みを伴うものだったり、牛乳のカスのようなおりものなどは、カンジタ膣炎の可能性もあります。妊娠中は、抵抗力が弱っているために、こういった細菌に感染しやすいこともよくあることです。

また、臭いがきつかったり、だらだらとずっと水っぽいおりものが出てくるなどの場合も産婦人科を受診するようにしましょう。

心配だったら、診察時間内に受診を

妊娠初期の茶色いおりものが気になったら診察する

妊娠中は色々な変化に心配になることがあります。いつもと違うことがあったとしても、それがすぐに流産につながることはあまりありません。

まずは安静を心掛けて、その後診察時間内に受診するようにしましょう。心配事は、ストレスにもつながりますので、迷っているなら先生にきいてみましょう。

PR