妊娠初期の蕁麻疹にビックリ!!これって本当に大丈夫??
4,715views

妊娠初期の蕁麻疹にビックリ!!これって本当に大丈夫??

妊娠が分かると、体に様々な変化が起こりますが、中でも妊娠初期の蕁麻疹に悩まされているという方は、とっても多いようです。なぜ妊娠すると、蕁麻疹ができる方が多いのでしょうか?ここでは、妊娠初期にできる蕁麻疹の原因と対策についてまとめました。

妊娠初期に蕁麻疹ってどうしてできるの??

ホルモンバランスの変化が原因

妊娠初期の蕁麻疹の原因

妊娠初期の蕁麻疹は、妊娠によるホルモンバランスの変化が原因と言われています。妊娠をすると、ホルモンバランスが大きく崩れ、免疫機構が大きく変わります。そして、アレルギー性因子への抵抗力が低下し、ストレスやハウスダスト、寒暖差などがきっかけとなって、症状が出現すると考えられています。

妊娠初期には、この他にもホルモンバランスが崩れることによって、様々な変化を感じる方がたくさんいます。例えば、虫刺されが治りにくいなどの皮膚トラブルや、紫外線に敏感になってシミができやすくなったり、イライラしたり涙もろくなったりすることがあります。
しかし、妊娠中期~後期頃になると、このような症状のほとんどが落ち着いてきます。

妊娠初期の蕁麻疹は、妊娠性痒疹とも呼ばれていて、お腹周りや手足、背中などに現れることが多いです。そして、特徴としては強烈な痒みが挙げられます。

蕁麻疹の痒みを抑えるには??

患部を冷やそう!!

妊娠初期の蕁麻疹の症状を抑える

蕁麻疹は、ある日突然発症します。従って、何の前ぶれもなく、急に強い痒みに襲われます。強い痒みを感じると、強く掻き過ぎてしまうことも多いでしょうが、あまり強く掻き過ぎると、皮膚を傷つけるだけではなく、書き壊した部分から肌の炎症を招く可能性があります。

従って、あまりにも痒みがひどい場合は、患部を冷やして痒みを収めるようにしましょう。例えば、自宅にある保冷材などをタオルに巻いて患部に当てるなどという手段は有効です。

病院へ行こう!!

産婦人科か皮膚科を受診しよう

妊娠初期の蕁麻疹の受診

妊娠初期の蕁麻疹を治したいと思ったら、産婦人科か皮膚科を受診しましょう。おそらく、妊婦さんでも使用できる塗り薬やステロイド剤を処方してくれます。妊娠中に市販の薬を使用するのは、胎児に悪影響が出る恐れがあるので極めて危険です。従って、きちんとお医者さんに薬を処方してもらうようにしましょう。
お医者さんには、必ず妊娠していることを伝えてくださいね。

蕁麻疹に効く塗り薬は、薬局などでも手に入りますが、妊婦に使えるかどうかは分かりません。皮膚への薬だけでなく、妊娠中に薬を使用する時は、絶対に独断で使用せず、医師の判断を仰ぎましょうね。

妊娠中の蕁麻疹を予防するには??

ストレスをためない!!

妊娠中の蕁麻疹を防ぐには、ストレスを溜めないことが大切です。特に妊娠初期は。生活が劇的に変化をするので、ストレスがたまりがちになります。

ストレスは、蕁麻疹の大きな原因になります。従って、不安に思っていることはできるだけ周りの方に打ち明けるなど、自分なりのストレス発散方法を見つけて、ストレスを溜めないように心がけましょう。心が軽くなり、不安もなくなれば、ストレスは解消し、蕁麻疹ができにくい体になりますよ。

免疫力を高めよう

妊娠中の蕁麻疹を予防

蕁麻疹を防ぐには、普段から免疫力を高めておくことが有効です。免疫力を高める食材をしっかり取るようにして、蕁麻疹だけではなく、風邪などの他のトラブルからも身を守るようにしましょう。

免疫力を高める食材としては、キャベツやブロッコリー、ニンジン、しょうが、玉ねぎなど野菜全般が挙げられます。毎日、栄養バランスをしっかり考えて食事を摂るようにしましょう。

PR